WP、Yoastを使って”メタキーワード”を投入する

Googleのウェブマスター向け公式ブログにて、2017年6月5日に、「ユーザーに役立つ検索スニペット」という記事が出ていて、メタディスクリプションが再評価されるっぽい感じがしなくもありません。しかし、”メタキーワード”は今でもgoogleにてサポートされておりません。Google Search Consoleのヘルプページでは、「Google がサポートしているメタタグ」のビデオにて、それはもうはっきりと、googleは「meta keyword」は見ないから時間をかけないこと!、でも「meta description」タグには注意を払うと意味があるかもよ。っと言っていますね。

“メタキーワード”とは

簡単に言っちゃうと、メタディスクリプション(ページ要約文)と同様に、ページ上には表示されないけれども、headのメタデータとして持っている、ページ情報の一つで、googleにガン無視されている情報です。笑。

ワードプレスのSEOプラグイン、yoastでは、設定はできるものの、I don’t know why you’d want to use meta keywords, but if you want to, enable this.(=あなたがメタキーワードを使いたい理由はわからないんだけれども、使いたいならこれを有効化してね。)っと、いうぞんざいな扱いです。

ちなみに、私のメインブログでは、meta keywordは設定していないものの、JSON-LD(blogposting)にて、ユーザータグをキーワードとして入れています。

参照文献、W3C, meta, example AGoogle Developers’ Web Authoring Statistics: MetadataSchema Org, Blogposting

yoastで”メタキーワード”を有効化する方法

設定は、Yoast SEO→Titles & Metas→Others→Use meta keywords tag?→Enabled→Saveです。

Yoastにて、"メタキーワード"を有効化する
Yoastにて、”メタキーワード”を有効化する

個別記事の編集画面の下部、Yoast SEOボックスに、”メタキーワード”指定場所が現れるので、これに適当にキーワードを入れて、コンマでつないでいます。

YoastのSEOボックスにて個別記事のキーワード指定
YoastのSEOボックスにて個別記事のキーワード指定

私が使っている理由

SEO的にあまり意味がないにも関わらず、私がこの部分を使っている理由は、飽くまで記述支援です。作文が上手ではないので、スラッグ、フォーカスキーワード、メタディスクリプション(要約文)、タグと本文を見比べることによって、本文内容の質を上げようとしていました。

ただ、タグを指定するとアーカイブページが出来てしまうので、後で変更すると404祭りが起きて、気持ちが悪いのです。このため、タグは廃止して、メタキーワードボックスを使うことにしました。Googleはガン無視するだけで、見てないだけに、それで評価を下げるわけではなさそうですし。

とても人におススメできる感じの方法じゃありませんけれどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。