“平均掲載順位”が7月中旬にガタ落ち…折角だから研究中。

Googleの”平均掲載順位”が7月13日からガッツリ落ちました。ログ取得システムの改善によるものだそうです。見えていなかったものが見えるようになっただけだから、処置は要らないのですが、折角なのでいろいろ試してみました。

20位→60位へ落ちたのが、40位ぐらいまで改善しました。

※サーチコンソールの検索アナリティクスでは、どんな検索キーワードが、どんな順位で表示されて、何件クリックスルーがあったかを表示してくれます。

“平均掲載順位”が落ちたワケ

これは、サーチコンソールの※注マークから、理由を見に行くことができます。

Google, Data anomalies in Search Console「Search Analytics Report」より引用

July 14 – onward
An incremental improvement in Google’s logging system now provides better accounting for results in lower positions. This change might cause increase in impressions, but also a decrease in average positions. This change only affects Search Console reporting, not your actual performance on Google Search.

7月14日以降
Googleのログ取得システムの追加の改善により、低位側の結果をより正確に計算できるようにになりました。この変更で、表示回数の増加と同時に平均掲載順位も低下を起こすことになるかと思われます。この変更はサーチコンソールのレポートのみに影響しますが、Google検索での実際の掲載結果には影響しません。

これまで見えていなかったものが見えるようになっただけで、状況は変わっていないという事ですね。

しかし、この可視化は、当・弱小サイトに大きな衝撃を与えていたり、します。

“平均掲載順位”は、どう落ちたのか?

当ブログでは、20位前半をウロウロしていたのが、60位前半へと急降下です。

上記に書いている定位側の結果をより正確に計算できるようになりました。というのは、当ブログでは、存在すら確認できていなかった低位側が見えるようになった感じです。

特に平均掲載順位が100位以下のクエリやページは、それまであまり見かけませんでした。

6月には、全体の6%程しかなかった100位以下のクエリが、8月は23%に上っています。

250位程度だった最低掲載順位が、現在388位までトラッキングできるようです。

「ワードプレス 記事」の平均掲載順位387.3位、表示回数4回、という結果を見た時には、衝撃が走りました。
平均が387.3位って、複数人の人間がそこまでチェックしたってことですよね??

「サーチコンソール 設定」の平均掲載順位251.4位、表示回数59回、というのもスゴイですよね。

Google検索で、30ページもめくる人間がいたとは…
いや、ロボでしょうか?

これは、テーリングのスケールが大きすぎて、働きかける価値があるデータなのかよくわかりません。

何のためにこの改修が行われたのか、ちょっと謎。

低位記事をリライトしてみる

見えなかったものが見えるようになっただけだから、処置は要らないかもしれません。

ただ、変化(改善)があったのに利用してみないのもつまらないので、ちょっと遊んでみました。

  1. クエリモードとページモードを別々のタブで開く。
  2. それぞれ平均掲載順位を降順ソートし、順位が低いページとその検索ワードを推測する。
  3. 雰囲気が悪い検索ワードの場合、記事を削除する。
  4. 楽しい記事の場合は、検索ワードを意識しながらリライトする。
  5. もしくは、低位ワード用の新しい記事を起こす。

2017年9月、対策結果

例えば、平均掲載順位が256位のワードに対し、「日本人の”老後資金”への不安感がハンパない件」というような記事を書いてみました。

これは、とうとう検索枠外に出て、平均順位が下がらなくなりました。いいようで、だめじゃん。

100位以下のクエリは、6%(6月)→23%(8月)→9%(9月23日)まで回復しています。

本当は、平均掲載順位が11位~30位ぐらいまでのクエリに対応する記事の内容を磨いた方がよさそうですが、100位以下のクエリの方が変化が見えやすくて面白いです。他の人にはおススメできませんけれどね。

気楽な非収益化ブログの道楽実験だと見過ごしてやってください。

なんだか、乗せられて、記事を書かされている気がしなくもありませんが、検索している人に敬意を表して、10月も引き続きこのデータと向き合ってみます。笑。

しかし、皆さん、数十ページもめくるなんて忍耐強いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。