早期リタイア後の住居に関しての私の基本方針は、「中古の庭付き一戸建て」を買う事です。

これを書いた後、父からSkypeのメッセージで、「お母さんがアメリカ(の弟のところ)から帰って来たので、5月、6月に一時帰国するならどうぞ」とのメッセージが来ました。

ちょうどいいとおもって、「5月、6月は、予定がないけど、来年になったら一生涯居座るのでよろしくです。」っと、メッセージを送ってみました。そしたらすぐに、

「わかった」

っと、一言。

私の両親は、私を甘やかしすぎています。

実家暮らしの家賃、0円~5万円?

それで早速実家暮らしの家賃相場を調べてみたら、0円の人がチラホラいて驚きました。

それで気づいたんですけど、両親目線では、子供からお小遣い稼ぎを考えているわけではないから、「家賃」はいらないんですね。

それでも「生活費」はいるよね。

私のせいで両親の家計が窮屈になったら、イヤだし。

いくらぐらい払えばいいのかな…

本人たちに聞いてみるしかないのですが、要らないと言われたら困るので、こちらの代替案も考えておかなければ。

ん?

私が払った家賃・生活費が余って、遺産として戻ってくるのも微妙なのか?

私が一緒に暮らすことによって、ちょっと旨味があるぐらいのラインを相談するしかないのかな…

実家は窮屈らしい

実際に実家に住んでいる人のブログを読んでみると、一人の時間が持てない実家は窮屈という問題が、よく上がっています。

インドからイギリスへ引っ越す時の待期期間が4か月あって、その際、スーツケース2つ分の荷物で居候していた時は、不便でも窮屈でもなかったけど、あれは短期だとわかっていたからだろうな~。

ダンボール30個分の家財道具と終始ゴロゴロしている人間が一匹居座ったら、窮屈なのは両親の方でしょうから、やはり中古の一戸建て購入は粛々と検討します。

ただ両親にも介護などの必要性が出てくるかもしれないし、実家暮らしも悪くないカモ。

私に人のお世話なんて出来るのかな。

知らないブロガーさんが多かった

ふわっとしたまま、結論が出ない実家暮らしとは対照的に、意外な収穫がありました。

実家暮らしのブロガーさん達、ほとんど存じ上げない方ばかりでした。

私が早期リタイアを考え始めた2014年ごろには既に存在したブログもあって、衝撃。

どうして見落としていたんでしょう。

株ブロガー、アクティブ運用のブロガーさんたちが、実家暮らししない人ばかりだったからかな?

計画は前広に。

最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿者: のろのろ

海外赴任中で、社畜で、早期リタイア志望者で、ゲーマーで、トレッキーに片足突っこんでいる、SF好きの、雑記ブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください