ブログを始めた頃、人気ブロガーさんたちが、「記事の寿命はせいぜい1週間だ」と、リリース直後の流入やバズを促進させる方法を研究していて、プロ意識の高さに感銘を受けた気がします。

短期(1週間)の時事ネタ、中期(数か月)のホットトピック、長期(1年)のお役立ちネタ(年1回のみなおし更新で延長)で書き分けるみたいな雰囲気だったと思う。

それが自分には当てはまらないと理解するまでに2年かかりました。

その後、自分に合った書き方に合わせて検索流入を主軸に切り替えてから更に2年が経ちました。

当ブログは、ポツポツ、細々と流入が入り続ける記事の集合体で、2019年のアクセスがゼロの記事を探す方が難しいけど、強い記事はございません。

ヨソとの交流が全くない状態で、こういうブログを運営していると、記事の寿命が永遠かのように感じるようになるのですが、これって、普通のブロガーさん達目線では「全部終わっている」状態なんだな…っと思い出したので、メモメモ。

たまには「常識」を再確認して、世間ずれをカリブレーションしなきゃね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿者: のろのろ

ブログのカスタマイズをしては、備忘録を書いています。2017年4月にワードプレスデビューし、試行錯誤しながら寝落ちする感じのへなちょこブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください