オクスフォードの賃貸市場は、小さい街に限られた物件数しかないので、不動産会社の管理が行き届いています。家探しのサイトを見るとImmediately(即時入居可能)とLet agreed(契約進行中)の二つのステータスがあります。

イギリスに着任してから家を探し始めたら、Immediately(即時入居可能)の物件は、ほとんどありませんでした。

6月上旬現在、殆どの好物件は、入居日が8月後半とか、9月上旬とかの物件です。

6-8週間先の物件でもすぐに決まってしまいます。

immediately(即時入居可能)の物件が見つかっても、広告を見て不動産会社に連絡した時には、Let agreed(契約進行中)になってしまっている事が多いです。

以前ロンドンに住んでいた時は、割と簡単に家が見つかっていたので、地方都市の方が探しにくいというのはかなりの計算外です。

お家賃も妙に高額だし。
需給のバランスって、こういう事なんですね。
流石、名門学園都市!
あはは。

投稿者: のろのろ

ゲーマーで、トレッキーに片足突っこんでいる、SF好きの、雑記ブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください