キングダムハーツといえば、ディズニー世界を散策しながら、スクエニの映像美、目が離せないストーリー・プロット、FF系とディズニーキャラと共に戦う軽快な操作感にのめり込むアクションRPG!

10作品を越える過去作に張り巡らされた伏線を回収しながらフィナーレへと向かい、睡眠不足な日々を過ごす…

のだとばかり思っておりました。

今回、ネタバレも含みますので、ご注意くださいませ。

基本情報

原題キングダム ハーツIII
タイプ アクションRPG
リリース日2019年1月29日(UK)
開発元スクウェア・エニックス
プラットフォームPS4, Xbox one
評価(最大5)☆☆

まさか、私が、キングダムハーツに☆2をつけるとは…

※これは1周目が終わったばかりで、やりこんでいない状態での評価です。

感想

マップやフィールドの作り込みはスゴイ

ディズニーアニメが舞台になっているので、リアリティーを求める景観美・写実美という感じではありませんが、原作の世界観の表現力は流石、スクエニ!

マップはシンプルですが、壁を駆け上がったり、標的物までスライダーで飛んで行ったり、ぶら下がってクルクルしたり、ギミックに溢れた楽しいフィールドでした。

ちょっと大人になった(?)ソラ

過去10作以上(?)の登場人物がひっきりなしに登場して、大変なことになっていましたが、メインストーリーは、ソラを軸にドナルド、グーフィーのトリオで進んでいくところが好感でした。

昔はもっと天真爛漫、底抜けに明るい「The・主人公」って感じだった印象があったのですが、大人になったのか(?)、繊細で少々自信がなさげな感じが加わった気がしなくもないです。

※今作から英語版だからかもしれません。

まぁ、それでも、ぼーっとしているのか、ぶすっとしているのか判別がつかないFF15の主人公タイプよりは操作していて楽しかったです。

多すぎる登場人物たち

私は過去作をかなり網羅しているので、なじみのサブキャラたちが出てくるのは、懐かしく、嬉しかったのですが、ディズニー系の新しい登場人物たちの影が薄くなったのは、もったいない気がしました。

過去作に登場していたFF系のキャラたちは全くでてきませんでしたし。

つまらない敵たち

とても残念だったのが、今作では敵が全く深堀りされていなかった事です。

主人公を取り巻く味方キャラは適当に近況を教えてくれるだけでもいいかもしれませんが、敵キャラが薄っぺらいのは、つまんない。

マスター・ゼアノートですら本編では深堀りしてもらえていませんでした。

初めて遊ぶ人は、シアターモードのアーカイブで過去の経緯を見ることが出来るものの、それでと十分に面白かったのかよくわかりません…

13機関の面々も節々にチョットだけ出てきて、サラッと中ボスを召喚して、サクッと帰るって感じ。毎回違うキャラになるので、「え?、もう帰るの??」って感じ。

せめて近況報告でもしてくれればよかったのに。

そして最後にちょろっと戦えます。ちょろっとね。

「え?、この人達これで終わりなの?、個性的な外見のモブキャラ?」って、もうガッカリですよ。

音楽

音楽に関しては、いい意味でシリーズを通して同じ感じで安定していました。

各ディズニーダンジョンのテーマソングはいつもどおり原作に敬意が払われているようでした。

テーマソングのDon’t think twiceは、気づいたら頭に残るサビを鼻歌で歌っちゃってます。

何年か前に流行ったアナと雪の女王のLet it goをエルサが歌っていましたっけ。

ストーリー

ディズニー系のストーリーがとっても薄く感じました。それ自体はあっさりしていていいとも言えます。

ディズニーランドで、ストーリーを知っているかどうかとアトラクションに乗るかどうかは関係ないですし。これがディズニーの距離感なんだろうと思えばいいだけ。

そう、敵キャラと同じく、超豪華な「モブキャラ」です。

ところが、キングダムハーツ周りは、どう考えても寂しい。

過去作を知っている私にとっては、アクア、ヴェントス、ロクサス、テラ、ナミネなどの伏線が回収されて行ったり、リク、カイリ、アクセルの近況が知れてムネアツ。

だけど、薄い…

最後にまたさらわれたカイリ。

自分の旅はカイリを探すところからスタートして、いつも会えたと思ったらすぐにまた会えなくなる。今度こそちゃんと見つけるんだ!っとかって、かっこいいこと言って、探しに出かけたソラ。

エンディングですべてのストーリーラインの仲間たちがビーチで楽しく遊んでいて、遠くの方で、あっという間に戻って来たカイリとソラが手をつないでヤシの木に座っていて、

ようやくの大円団を迎えると感激したその時、

カイリの頬を伝う涙と消えてしまったソラ。

は?、スクエニ、バカなんですか?

っと、テレビに向かって、声を発してしまいました。

あそこまで全てのストーリーを丸く揃えて、中心人物で最大の貢献者を消しちゃうの?

主人公やヒロインを殺しちゃうのって、スクエニの常套手段。FF10とFF10-2は別枠で考えるとしても、ワンパターンすぎ。

他のエンディング考えることが出来ないんですか?

もう期待する方がバカなんでしょうけどね。今回のこの状況でも使ってくるのには、流石に呆れました。

次回作への伏線のつもり?

そもそも次回作への伏線なら、謎の箱がありました。マレフィセントとピートがしょっぱなから追っていた謎の箱。

パイレーツオブカリビアンでちょっと出てきて、エンディングの最後の最後にムービーが追加されていました。

いや、あれは、いったい何だったんだろう…

希釈されまくったメインストーリーに雑過ぎる伏線。

神ゲーだと思っていたゲームが金の亡者が作ったゴミだと分かったショックが大きくて、立ち直れません。

アクション

アクションは、正直、一回、断念しそうになりました。

キーブレードでのバトル自体は、簡単な操作で、派手なエフェクトが出るいつもの楽しいアクションなのです。

くじけそうになったのは、イベントアクション、ミニゲーム、サブゲームが多すぎて、延々とチュートリアルが続いたこと。

いや本当にダルかった。

個人的に一番つまらなかったのは、中盤のパイレーツ・オブ・カリビアンの海賊船の砲撃バトル。

KH3 - about to give up

↑久しぶりにゲームしながら寝落ちしてしまった気がします↑

道具・宝・アイテムなど

今回、ストーリーに組み込まれているミニゲームがだるかったので、その上さらにアイテムを集めながらまったり遊ぶ気になれず、ほとんどアイテム集めをしていません。

KH3 - happy gear

そのツケで、お気に入りの武器を強化する為に必要なアダマンタイトが見つかりませんでした…

最後の3日ぐらいを武器強化のアイテム探しに費やしたことが結構痛かったです。一つ前の強化アイテムからしてザクザク手に入る感じじゃないし、アダマンタイトは結局諦めたし。

無念。

武器を強化するときは、慎重にご選定なさった方がよろしゅうございますよ。

ダウンロード・データロード

今回はダウンロード版の予約購入を行ったのと、イギリスでの発売日1月29日に出張に出ていたのとで、ダウンロードにどのくらい時間がかかったのかよくわかりませんでした。

ゲームのロード時間は、SSDの割には長めのロードにたまに遭遇するといったところでしょうか。左程ストレスはありませんでした。

総括

バトルは楽しい、ストーリーもムネアツ。なのに、☆2はあんまりかな…

私の場合、トコロンしてからレビューを書くぐらいハマると☆5。一気にクリアしてからレビューを書く場合大抵☆4。

1度断念しそうになって、1度つまらなすぎて寝落ちして、ストーリーに不満で、やり込みも2周目もやらないと決めた初のキングダムハーツだから、楽しかったけどやっぱり☆2かな。

最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿者: のろのろ

海外赴任中で、社畜で、早期リタイア志望者で、ゲーマーで、トレッキーに片足突っこんでいる、SF好きの、雑記ブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください