ジュピター、レビュー【ネタバレなし】

3.0

天才俳優エディー・レッドメインにラジー賞をもたらした駄作SF映画『ジュピター』のネタバレなし感想文です。とはいえ映像は煌びやかで、個人的にはヒマつぶしぐらいにはなると思うケド、『ヴァレリアン』を観てないなら、そっちをおすすめします。

うん。

基本情報

原題Jupiter Ascending
邦題ジュピター
タイプSF
公開日2015年2月6日
監督ラナ・ウォシャウスキー
アンディ・ウォシャウスキー
脚本ラナ・ウォシャウスキー
アンディ・ウォシャウスキー
原作者
おすすめ度3.0 (1~5点)

トレーラー

映画『ジュピター』予告編【HD】2015年3月28日公開

あらすじ

地球は10万年前に宇宙の支配者アブラサクス家が若さを保つ「秘薬」の原料を栽培するために人類を栽培するためのプランテーションだった!?

そのプランテーションにアブラサクス家の全女王の生まれ変わりが生まれ、宇宙は大混乱に!

新女王はどのように宇宙を支配するのか?

脚本、世界観

超有名SF作品『マトリックス』シリーズのウォシャウスキー兄弟が、トランスジェンダーな感じで、ウシャウスキー姉妹として監督しているだけに、作品の世界観とその表現力は一流。

世界設定やアイデア、ギミックは良いんだけど、ストーリーが面白くない。と、言ったものの、ロマンティックコメディー好きにはいい作品カモ?

登場人物

ロマコメ部分のヒロインとヒーローは、アメリカの人気俳優ミラ・クニスとチャニング・テイタム。安定の演技。

そして脇役が豪華!

将軍役にベテランSF脇役のショーン・ビーン、アブラサクス家の長男に天才俳優エディー・レッドメイン、長女、次男も高級感漂うイギリス俳優陣で固めており、格調の高さが醸し出されています。

アクション、笑い

マトリックスレベルのアクションが満載で、見ごたえがありますが、ジョークは大して笑えないし、ラブも痛い。

映像美

映像美は、精細で、荘厳で、軽快。個人的にはマトリックス以上と評したい。

音楽

音楽はケルビン史の『スター・トレック』3作や『ローグワン』など、多くのSF映画を手掛けているベテランのマイケル・ジアッキーノさんですが、あんまり作風に遭っていなかったカモ。

『スター・トレック』にしても『ローグワン』にしても歴史の長いSFシリーズで、そういう作品に使用されるオーケストラ音楽が延々流れていると、くどい印象をうけました。

感想

大きな期待を抱きさえしなければ、映像の美しさや世界観の表現は目に楽しい出来なんですけどね…

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました