“社員採用面接”担当者のコンプレックス

“社員採用面接”の際は、公平かつ客観的に!

できるだけ公平に!、できるだけ客観的に!と心がけていますが、私自信がコンプレックスを抱えている部分に強みがある人は、つい通過させてしまいます。

私の場合、最後の決め手は、現在のチーム員と会議をしている様子がイメージしやすいかどうか?、だったりします。

欲しい人材の特徴

私がつい通過させてしまう候補者の特徴を並べてみました。

何かを継続している人

私の一番のコンプレックスは「継続」

思い付き&行き当たりばったりで暮らしていますからね~。
根気強く、何かをずっと継続している人にめっぽう弱いです。
5歳の頃から続けていますなんて言われると、
「かっこいぃ〜!」
っと、思わずいろいろ質問が飛び出します。

長く続けている事と言うのは、候補者本人にも熱い思いが満ちていて、とてもスムーズに気持ちよく話せます。このため、「何か長年継続して取り組んでいる事はありますか?」という質問は、面接のオープナーには最適です。

ところが、何も長く続けている事がない人には大きなプレッシャーとなる質問でもある様です。

私、なんと答えてよいか、わからないですから…

スポーツタイプ

私は、まったく運動をしない、お家人間です。

体調不良になって、病院に行ったら、運動不足ですっと診断されたことがあるぐらいです。

ナショナルチームで活躍した頑張り屋さんの話なんて、面接なのに涙しちゃったりします。
で、あとで上司に注意されます。
公平に!客観的に!

私はRPGゲーマーなので指示だしは向いているみたいですが(←)、チームプレーは苦手です。

自分のポジションや、役割に誇りを持ち、熱く説明されちゃうと、「すご〜い!」っと目が輝きます。

個人戦タイプでも、それから自分にも甘いので「自分との戦い」みたいなストイックな話が始まると、尊敬すらしてしまいます。

勝つために自分の頭で戦略を考えて動く人って、経験がなくてもそのうち伸びるし!っと正当化して通過させてしまったりします。

面接官はただの人

面接官もただの人、恐るるに足らず!という様なエールを、これから採用面接を受ける人たちに送れるのではないかと思ったのですが…

候補者の話に呑気に感心しているのなんて私ぐらいかもしれないです。

仕事って、いくつかの作業に不得手分野があったとしても長く勤めていると左程問題じゃなくなります。

自分の苦手エリアに強みを持つ人が入社してくると、一朝一夕ではどうにもならない部分だけに、こちらの自然な敬意が相手にも伝わって、心地よい人間関係が作れていいと思います。

ま、私の場合、なんだかだ言って、採用の決め手は、常連さんたちが気に入ってくれそうか?とか、既存のスタッフの中に放り込んだ時のイメージが湧きやすいかどうか?で決めます。

「この」面接官、恐るゝに足らず!
でした。笑

それでは、本日も良い一日をお過ごしくださいませ。

投稿者: のろのろ

ブログのカスタマイズをしては、備忘録を書いています。2017年4月にワードプレスデビューし、試行錯誤しながら寝落ちする感じのへなちょこブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください