Jetpackのopen sans 404エラーを量産…

Redirectionというプラグインで、404エラーの履歴を表示することができるのですが、”Jetpackのopen sans”由来の奇妙なエラーが量産されていました。

/wp-content/plugins/jetpack/css/”https:/fonts.googleapis.com/css?family=Open Sansというエラーメッセージです。

Supportに暫定解決法あり

そのうちアップデートが出ると思いますが、サクッと応急処置したいので、こちらを参考にしました。jetpack CSS 404 error in site statistics、#post-9297383

すごいね。ワードプレスコミュニティー…

なかなか更新が出ないので、応急処置

JetpackのCSSエラー 応急処置。
JetpackのCSSエラー 応急処置。
  1. 管理画面のプラグインで、Jetpackを探し、「編集」。
  2. Jetpackの編集画面の中から、「jetpack/css/jetpack.css」を探し、選択。
  3. 「@font-face{font-family:”Open Sans”;src:url(‘”https://fonts.googleapis.com/css?family=Open+Sans”‘)}」に当たる記述を探し、削除。
  4. 外観のheader.phpに「<link href=”https://fonts.googleapis.com/css?family=Open+Sans” rel=”stylesheet”>」を追記する。
Header.phpにリンクを追記
Header.phpにリンクを追記

Jetpackは割と頻繁にプラグインの更新が出ているのですが、今回はなかなか更新されません。残念。

他の方法がベターだけど…

バグの出元は本来「”」(ダブルクオーテーション)だけでいいのに、「’」(シングルクオーテーション)が追加されているコードミスっということなので、私は最初はこのシングルクオーテーションを外してみたんです。
jetpack CSS 404 error in site statistics、#post-9300004

そうしたら、他のプラグイン(Accelerated Mobile Page)との整合性が取れなくなったらしく、「重大なエラー」とのことで、プラグインが停止してしまいました…

あれこれ試して、結局最初に紹介した方法に落ち着いたという状況です。ちなみに、このAccelerated Mobile Pageというプラグインは、私の中で、いろいろ問題プラグインなので、一切おススメできません。

但し、Jetpackがエラー修正版を更新を出した後、もう一度header.phpに追記個所を削除する作業を行わなければなりませんから、本当は「”」と「’」の修正で済ませたかったのですけれどね…

投稿者: のろのろ

ブログのカスタマイズをしては、備忘録を書いています。2017年4月にワードプレスデビューし、試行錯誤しながら寝落ちする感じのへなちょこブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください