「のんびり暮らしたい」とか「永久にダラダラ過ごしたい」という早期リタイア理由が痛烈な批判を受けているのを読んで悲しくなりました。

いわゆる煽り記事なんでしょうから、スルーした方がいいんでしょう。

だけど、なんで「のんびりしたい」や「ダラダラしたい」はダメなんでしょうか?

「○○がしたいから早期リタイアする」だと良くて、「十分働いたし、これ以上のお金はあっても意味がないから隠居する」がダメな理由が見つかりません。

なんて書いてあったっけ?

思い出せる範囲ですべての言葉を使って検索してみましたが、元記事が見つからず。

「だらだらとやらを永遠に続けるのか?」「のんびりとやらにどれだけの価値があるのか?」「それでよいわけがないじゃないか?」

みたいな内容だったんだよな…

痛烈な批判に気を取られていて、肝心な「何でダメなのか」が思い出せません。

どんな理由が書いてあったんだろうな。

種として命をつないで育むことですら、人間総員でかからなくても達成できているんだから、早めに隠居してゴロゴロしている人がいてもいいじゃんね。

気になるな…

最後までお読みいただきありがとうございます。

投稿者: のろのろ

海外赴任中で、社畜で、早期リタイア志望者で、ゲーマーで、トレッキーに片足突っこんでいる、SF好きの、雑記ブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください