「持たざるリスク」と「安全資産としての円」

私が日本にいた時にはなかった言葉「持たざるリスク」は、場が活況な時にポジションを取っていないと、パフォーマンスを上げ損ねますよ。っという意味で、2019年現在は、機関投資家用の概念だという落ち着きを見せた様です。

権利確定日 (株・投信)と経過利子 (債権)

株式は、配当をもらう権利を獲得する権利確定日が決まっており、その日に株主であれば配当金を受け取ることができます。債権 (国債・個人向け国債) は、保持していた日数分の利子、経過利子を受け取ります。毎日のリスクの積み重ねが利金に代わっていく感じですね。

先輩から「投信勧誘」を制止されて、びっくり顔の銀行員

投資の話って、普段の生活で話し相手がいないので、銀行員さんからの「投信勧誘」ですら楽しく感じてしまう自分って相当ダメなんじゃ??っと危機感を持っております。ところがある行員さんの熱心な勧誘が先輩らしき人に制止されていまいました。何で?