Star Trek: Discoveryのシーズン2が始まりました!

Season 1より断然面白いです。しかし、過去作持ち出しすぎてチート気味。

毎話レビューが書きたくなるじゃないですか!(怒)

今シーズン、私が楽しみにしているのは、Mr.スポックの登場!

これまでひた隠しにしてきた妹マイケルとどう絡んでいくのか、興味深々!!

では、下記、歯抜けにネタバレレビューです。

第13話、Such Sweet Sorrow

美しいビーチでサレクが瞑想をしているシーンからのスタート。ディスカバリーの映像美はなかなかのモノです。

立て続けに、ディスカバリーとエンタプライズの2隻が仲良く並んで間に避難通路を形成するムネアツシーンが流れ、ディスカバリーのクルーがエンタプライズへの避難を開始します。

ディスカバリーに搭載されたデータアーカイブがAIとしての意思を持とうとしている「Control」に奪われると生きとし生けるものが滅亡してしまうので、これを避けるために、ディスカバリーごと破壊する目的です。

皆が名残惜しそうにディスカバリーを離れる中、マイケルはいつものごとく「私のお母さんが命を賭して守ろうとしたものをムダにはできない。」などと個人的な理由からぐずぐずウンチクを垂れていました。

キャプテンパイクから「運命から与えられた役割が明確な時もあれば、そうでない時もある。どっちが幸福かわからない」と言われてもまだ「その時が来るまで、乗り越えられるかわからないってことですね…」っと不服そうなマイケル。

前回のタイムクリスタル入手の際に自分の非業な運命を見てしまったキャプテンパイクがいうと染みますね。

ようやくエンタプライズに移動させるためにタイムクリスタルを掴んだところ、エンタプライズに何かがぶっ刺さって、キャプテンリーランドが乗り込んできて、メインキャストがほとんど抵抗もできないまま全員殺される光景が伝わってきます。

シーンは変わって、これまたムネアツのエンタプライズ船内。ターボリフトがノズル的なモノを動かさないと動かないとことかも再現されていて好感。

ブリッジは、大まかな作りは同じだけど、かなり広くなって新しいデザインになっていました。

ファーストオフィサーが「ホログラフィックでのコミュニケーションは金輪際ありません。」みたいなことを言っていました。「もともとホログラフィック通信だったけど、Controlの件が原因で凍結され、以降はビデオ通信に変わった」みたいな流れでの過去作との帳尻合わせ?

コントロールが操るホログラフィックに人間が何度も騙されたとしてもそれが技術を禁止する理由にはなり得ないですよね。オレオレ詐欺が起こるから電話の技術を禁止しますみたいな発想は、なんか変。

どこかで何かを見落としたのかしら…

そして、ジョルジオー元皇帝の登場。開口一番、ユニフォームについて、「オレンジ?、マジ?、ウエッ。」っと、テラン人炸裂で爆笑。

さて、肝心の、ディスカバリーの破壊ですが、リモートコントロールが効かず、フォトントルピードを打ち込むも、シールドに阻まれるという、予想通りの展開。

ここ数エピソードでこのアーカイブデータに意思があることは議論されてきたわけですから、そりゃそうだろ…って感じ。

んで、スポックのステーションが画面右側でした。およ?

時代が一番早いキャプテンアーチャーのエンタプライズは、バルカン人のサイエンスオフィサー、ティポールは、今のスポックと同じ位置にいたわけですが、キャプテンカークのエンタプライズではサイエンスオフィサーであるスポックは左側が定位置でした。

制服もアーチャー(ENT)の「紺地」→ジョルジオやローカ(DSC)の紺→ウェッっと言われるカーク(TOS)のオレンジに変わったのがこの頃だという設定にしたんですね。

そういわれれば、キャプテンパイク初登場の際に黄色のユニフォームの事を「新ユニフォーム」だと紹介してましたっけ?

カラフルですね。ってドン引きされていましたけど。

話を戻すと、クルーがキャプテンリーランドに殺されるビジョンが再びマイケルを襲います。そして、キャプテンパイクがクルーへの指示を出しているのを「やめろ!」っと制止。毎回毎回、キャプテンパイクに対して無礼すぎて「何様?」って感じの行動をとる感じ悪ーいマイケルさん。第3シリーズあっても出てこないで。ねぇ。お願いだから、もう出てこないで。キャプテンサルーと愉快な仲間たちって、とってもいいじゃない?

んで、またいつもの通り、世界の中心マイケルが「クリスタルがあるじゃない。それでディスカバリーを未来に転送すればいいわ。お母さんのタイムトラベルスーツ、私の遺伝子だったら使えるハズよ。お母さんが始めたことを私が終わらせるのよ。」などと、自己犠牲なのか自己中なのかよくわからない提案します。

マイケルのお母さんが7つのレッドシグナルについて知らなかった謎は、タイムトラベルスーツのレッドエンジェルは2人で、赤い信号の方はマイケルが発信しているのだろうという結論になりました。

笑えたのはテラン元皇帝の提案がテラン人過ぎて、みんなに「ありえない」っと、ドン引きされてたシーンです。ジョルジオーって、笑い担当が定着してきた?

まもなく5つ目のレッドシグナルが表れて、それがなんとポー女王のザヒア星だったというね。

ポーとティリーのショートトレックも好きだったので、嬉しいです、実際にいいエピソードでした。

ショートトレックでのポーは、前女王が亡くなって惑星を継ぐことになったポー姫が即位の前に逃げ出してディスカバリーに紛れ込んだんだけど、ティリーとの交流を通して腹をくくり星に戻るという話でした。

トランスポーターで彼女を迎え、彼女の星の挨拶のしぐさ?をして抱き合う2人。微笑ましい。

話を聞いたポーは、直ぐに空中に何やら書き始め、エンジニア長のジェットさんはそれが何か分かった模様。

ポーとティリーが出会った時は、ユニバーサルトランスレーターが使えないぐらい未知の星だったはずなのに、物理方程式を表す時の言語が同じわけないじゃんね…っと、創作ドラマに心の中で大人げない事ケチをつけておりました。

はぁ~。まだ話の半分ぐらいなのに、もうだいぶん長文何で、後はぱっぱと行きます。

冒頭でマイケルの何かを感じたサレク・アマンダ夫妻がディスカバリーに訪れ、別れのシーン。私、これ、涙流して泣きましたね。超感動。

因みに、能面顔と苦痛顔の2種類しかないマイケルがサレク・アマンダ夫妻が見えた時に嬉しそうに自然な笑顔を見せたのは印象的でした。Airiumが死んだ回もちょろっと笑っているシーンがありましたよね。後述するキャプテンパイクとの別れのシーンでもスマイルを見せていて好感度がグッとあがりました。もっと自然に笑っているシーンを増やせば性格悪くても好感度あがりそうなんですけどね。

この後、マイケルが一人で遠い未来に旅立つと聞いたクルーが一緒に行くと言い出します。

彼氏のアッシュは、行かないことになって2人は涙のお別れ。私は泣きませんでしたけどね。

それぞれのクルーもそれぞれの家族にメッセージを残します。

最後にいつの間にか黄色のユニフォームに着替えたキャプテンパイクの感動の退場シーン。みんなと仕事できて光栄だ!から始まって、一人一人にコメント。そして、スポックとは何やら言葉にしようとして、それをひっこめた後「言葉では言い表せない」っと言ったのにまた泣きましたね。

もうすっかりキャプテンパイクの大ファンです。『The Menagerie』でスポックが全てを賭して彼をタレス4に連れていこうとしたのに納得です。

I still dislike you.

Feeling is mutual.

第12話、Through the Valley of Shadow

タイムクリスタルがあるクリンゴン帝国の所有星「ボレス」に4つ目の赤い信号が現れました。

クリンゴン宰相のラレルとアッシュの息子が預けられた寺院で管理している極秘の至宝です。

マイケルは意味不明な「感」が働き、アッシュに何を隠しているの?っと詰め寄り、息子の存在を突き止めます。

アッシュとラレルの夫婦喧嘩の後、キャプテンパイクがタイムクリスタルを入手しに行くことにします。

ホビットに出てきそうなマジカルな星ボレスに降り立ったキャプテンパイクは、タイムクリスタルの作用で成人クリンゴンに変貌したアッシュ・ラレルの息子「テナベック」に出会います。

そして、試練の時。

将来の自分の姿を目にします。スタートレックオリジナルシリーズの『The Menagerie 1-2』につながる未来です。スポックが反逆罪で軍法会議にかけられようともスターフリートでのキャリアを投げうってでもキャプテンパイクのために動いたあの『The Menagerie』でのキャプテンパイクの姿です。

ハッピーエンディングとは言えないけど、キャプテンパイクは、スポックの必死の働きで、タロス4に戻り、ヴィーナと幸せに暮らすんです。うぅぅ。

ストーリーに戻りますと、マイケルバーナムがキャプテンパイクにくってかかり、怒りに任せて、また単独行動にでて、Controlの罠にかかって、危うくControlに改造されそうになったけど、スポックに助けられた。っというマイケルらしいモヤっと展開でした。自分の悲惨な未来をみても、受け止めてタイムクリスタルを手にしたキャプテンパイクをちょっとは見習いなさいよ。

しかも、Controlは、未来を変えないためにマイケルを取り込もうとしている、つまりマイケルが未来を変える力を持っているというような微妙な展開。

このキャラ、どうも共感できないのに「中心」なんだよな…

ところでControlは、Borgに似ているけど、Borgだと「Resistance is futile.」で、Controlは「Resistance is meaningless.」もしくは「Struggle is pointless.」だし、Borgだと「Assimilate」だけど、Controlは「Reconstructed」というように、微妙に違うみたいです。

Shall we, Sister.

第11話、We are the Borg

間違えた。『Perpetual Infinity』(永遠の無限?)でした。

今回のムネアツポイントは、Borgキタコレ!

Borgというのは、STNのキャプテンピカードの宿敵である多くの種族の融合・同化した集合知識・意識を持つ機械生命体です。

スタートレックヴォヤジャーでは、美人さんの元Borg、Sevenが人間らしさを取り戻すストーリーが描かれていました。

第11話では、Section 31のキャプテンLelandが、左目に何やら注入されていました。ボーグと言えば左目にカメラを埋め込まれた外見です。

更に、ホログラフィックで可視化した電子生命体が、ボーグの様な融合意識を持ち始め、実態が欲しいとかなんとか言いながら、キャプテンLelandにナノプローブを注入されていました。

これは、Borgです!!TNGの第2シリーズ16話『Q-Who』で、Qにγクアドランドにぶっ飛ばされた時がファーストコンタクトだったんじゃないの?

ガイナンが「何千世紀も前から進化を続けてきた種だ」的なことを言ってたのに、おかしいな…

ストーリーは、意思を持ちつつある「AI」が広いものの「データアーカイブ」を吸収すると、世界に終わりが訪れることが分かり、これを何とか阻止すべく頑張る「ディスカバリーチーム」と削除されそうになったらアクセス拒否を起こす「データアーカイブ」とキャプテンLelandを取り込みSection 31を使ってデータを取り込もうとする「AI」の戦いです。

感がいいジョルジオ元皇帝がいい判断&かっこいいアクション、ガブリエル(マイケルのお母さん)の20年間なども見どころでした。

残る謎は、赤い信号が発されたところに出てきていたマイケルのお母さんは、信号の事を知らなかったという点。

マイケルバーナムは、相変わらずイマイチ共感できないキャラでした。結局、自分がお母さんと一緒にいたいだけの自己中な行動に見えてしまいました。

スポック「I like Science.」って、知ってるよw

第10話、The Red Angel

コマンダーエリアム(Airiam)のお葬式スタート。みんながそれぞれ追悼の言葉を述べ、スタートレック史で一番参列者が多い船内葬儀だった来ます。

ストーリーは、「AI」が未来から来て、進化するために「データアーカイブ」(スフィアデータ)を欲しがっている。

Red AngelはAiriamが残した遺伝子情報によると、マイケルだった!!

それじゃぁ、罠をかけて捕まえようぜ! そういえばマイケルが死にそうになったらレッドシグナルなくても助けに来くるんだよ…。あ、それなら、私が死にそうになるわ。よろしく! っという謎展開。

Red Angelは、プロジェクトデアダラス(Daedalus)でセクション31にて開発されていたタイムトラベルスーツだそう。またあなた方ですか…

更に、マイケルのお母さんは、セクション31所属でこのタイムトラベルスーツを完成させたスゴイ研究者だった。ケド、タイムクリスタルがなくて、オリオンに盗みに行って帰ってくるときにつけられてしまい、マイケルの両親がクリンゴンに殺される原因になったのは若かりし頃のキャプテンLelandの慢心だった…

なんだかだで、Red Angelを捕まえたら、未来のマイケルじゃなくて、マイケルのお母さん!?

いや~。盛りだくさんの内容でした。

ちょいちょいサブストーリーも進んでいます。

ポールとヒューのラブストーリーにジョルジォ元皇帝が変な絡み方したり、ヒューがアドミラルコーンウォールにどうしたらいいか相談に行って、過去は過去、今は今を進むしかないと言われ、吹っ切れたり。

マイケルとアッシュの恋、ホント興味ないのに、ちょっと進展したり。

両親の死因を知って怒りを制御できないでいたマイケルをスポックが見舞いに来て、Brother-sisterモーメントが訪れ、スポックの好感度がさらに増したり。

自殺ミッションに挑むマイケルに「君が死んでしまったら、僕はまたスターフリートオフィサーの殺害容疑で逮捕されちゃうから、生きていてくれると理想的だ。」って、遠回しすぎるよ、スポック。(ニヤリ)

第9話、Project Daedalus

ストーリーは、アドミラルコーンウォールがディスカバリーに訪れ、スポックに尋問するところから始まる。このコーンウォールさんが出てくるとロクな事はない。

セクション31は数週間連絡が取れず、その脅威評価システム「コントロール」はアドミラルコーンウォールのアクセスコードを受け付けない。これがバルカン人で論理過激派のアドミラルパターが首謀しているんじゃないかと疑い、セクション31の本部へ乗り込む。って、え?

セクション31の本部まで明らかにしちゃうの?

え~。

それにしても、マイケルは、頭脳明晰なハズなのに、タイラーの容疑も、スポックの容疑も、「彼は無実だ。私は彼の事を知っている」っと全く論理的でない理由付けですな。

いちいち挑戦的にスポックに食って掛かるし、相変わらず上から目線で、自分が、自分が、自分が、みたいな部分をスポックに指摘されてキレておられました。やれやれ。

どうか彼女をもっと好きになれる要素を増やしてください。

逆に好感度がじわじわ上がっていくスポック。ヒゲ面も見慣れるとかわいい顔に見えてきました。

そして今回の重要人物エリウム登場。これまでほとんど紹介されていなかったサブキャラ中のサブキャラ、エリウムは、シャトルクラフトの事故でパートナーを失い、サイバー人間に拡張。

前話でキャプテンパイクとアッシュを助けている途中に「Control」に乗っ取られてしまいました。切り替わる時に目が赤く光るのが怖い。

本人も乗っ取られているのが分かるのか、ティリーに暗号の解読作業が終わるまで側にいて欲しいとお願いしたのに、再度乗っ取られた時にまんまと追い払われてしまったり、どんどん悪い方向に進み、最後はスフィアデータのAIに関する情報をダウンロードしてまんまと持ち去り、仲間を攻撃するにいたります。

ティリーが団らんの映像と仲間との逸話を語りかけ、エリアムは正気に戻り、データをControlに渡さないために自己破壊を決意。バーナムに宇宙に廃棄してほしいと頼みます。

んで、マイケルバーナムは、みんなからそれしかないから宇宙に排出するように言われても、いう事を聞かず、結局、別の人に手を下させます。

でた、自分だけいい子ちゃんマイケル。逆に好感度あがらないから。

第8話、If Memory Serves

これを書きたかった!

今回のスタートレックディスカバリーは、なんとオリジナルシリーズの更にその前、パイロット版の『The Cage』で、キャプテンパイク、スポックらがタレス4に降り立って、ヴィーナと出会ってから、別れるまでのシーンの引用から始まります。

うぉ。

スポアドライブは盗作疑惑ですから、頼れるものは過去作のみか?

クリンゴンは過去作への経緯なく見た目も性格もぶっさいくな宇宙人に書き換え、オリジナルシリーズから、人気のキャプテンパイク、Mr. スポックを引っ張り出しメインキャラにしたてただけじゃなくて、スタートレックのルーツの映像まで使っちゃうんだ…。

ディスカバリーのオリジナルで残っているのは、頭脳明晰な役柄なのにやってることが自己中で直情的な主人公だけかも?

兎も角も、前回、マイケルが幼少の頃のスポックにヒドイことを言って傷つけたことが分かったんですよね。

それ自体は子供の頃の事だから仕方ない部分もある。

スポックを助ける代わりに、幼少の頃の二人の記憶を共有するようにタレス人から言われた時、「Do you wanna experience our pain?」って言っていたのは、ちょっとちがう。

スポック側から痛みを与えるようなことはしていないので、ただのマイケルいじめ状態だったのに、our painって、都合がいい言い方ですね。スポックの痛みは被害者の痛みで、マイケルのは罪悪感。一緒にしちゃダメじゃない?

「疲れているなら休む?」っというヴィーナの優しい心配を、「No, I don’t. Show me.」っときっぱり踏みにじり、タレス人にスポックの記憶を見せてもらいます。感じ悪っ。

スポックは、スターフリートオフィサーを殺害してはいなかった!!

自身を殺害したアッシュ(Voq)を見て怒りが収まらないヒューは、殴り合いの喧嘩に発展するも、サルーはただ見守るだけ。後でキャプテンパイクに「教科書通りの処置じゃないね。」と指摘されるも、「クリンゴンを内蔵する人間と黄泉から戻った医師」の間の問題を解決する教科書的な処置は存在しないと涼しい顔。なんだか吹っ切れていい感じですな。

更にかっこいいのが、それに対してキャプテンパイクが「どんな状況でも、この制服を着ている存在は、暴力にて問題を解決しないから、こんなことが二度と起きないように!」と指摘するところ。思慮深い良いリーダーって感じ。

中盤にキャプテンパイクの元に幻想として現れるヴィーナ。お互いに想いあっていることを伝えあいます。

うぅ~。

『The Cage』で、キャプテンパイクは視聴者が分かるように、ヴィーナに一目ぼれするのですが、流れ的にストーリー中はずっとその感情に抗っていましたし、『The Menagerie』でヴィーナの元に戻る時には、話をすることが出来ない状態でしたから、キャプテンパイクが愛を語るシーンはファンには嬉しい!

ヒューとポールのゲイカップルは、上手く行かなくて、別れちゃいました。残念。

最後は衝撃のスポックとマイケルの子供の時のやり取りをタレス人に共有するシーンです。

大人のスポック、マイケルと、子供のスポック、マイケルが交互に出てくるのですが、マイケルひどすぎ。

この作品のライターは主人公をどれだけ嫌われ者にすれば気が済むのか知りませんが、とにかくひどいやり取りでした。

謝罪するマイケルに、マイケルの行動がスポックに与えたいい影響を説明し、感謝の辞を告げるスポック。

そこからもマイケル何様だよっと突っこみたくなる更に不快なやり取りが続きます。

Section 31が到着し、ディスカバリーと2人の取り合いをした後、タロス人の幻覚に助けられ2人は無事ディスカバリーに搭乗し、キャプテンパイクと再開したスポックは顔に笑みを浮かべます。

Is that a smile I see on your face?

I believe it is . Yes.

キャプテンパイクに再会できてうれしい気持ち、わかるわ~。

第3話、Point of Light

憤怒です。

また出ました。不細工な、クリンゴン。

自分が嫌っているモノを明確に知ってしまう瞬間ってありますよね。

クリンゴンの不細工っぷりについては、第1シリーズの時点で既に気の毒に思っていたのですが、シーズン2で久しぶりに見たクリンゴンは、同じ不細工度合なのに耐え難く感じました。

過去作では、すっごくクセがあるけど、愛嬌があったクリンゴン。

ウォーフの最初の奥さんのケイリーはフツーに可愛かったし、クワークの元妻グリルカも美女だった。マートックの鬼嫁シレラやデュラス姉妹でさえ凛としたのがクリンゴン女性なんだなって感じの共通の特徴を持っていた。

なのに…

ラレルはね…

ただただ、醜い。

性格も、「キツイけど凛として鮮やか」って感じではないんだよね…

このクリンゴンは嫌いだわ!

そして何より腹立たしいのは、第1シリーズでなくなってしまっていた髪の毛が戻っていました。

髪の毛だけね。

愛嬌は全く戻ってきていません。

見た目が変わったという事は、よっぽど評判が悪かったんでしょうね、新クリンゴン。でもね、髪の毛だけ戻してもね…

根本的な問題は解決されていないよね。

クリエイターに敬意を表して、素直に受け入れようとしていたのに、不細工なまま髪の毛だけ戻した雑な対応が腹立たしい。

今回ばかりは明確に嫌悪感を感じたのでした。

時代設定が「オリジナルシリーズ」の2264~69年では普通の人間っぽい顔だったクリンゴンが、「ネクストジェネレーション」の2363~70年にはその後長きに渡って親しまれるクリンゴン顔になっていたりしたので、2256年の「ディスカバリー」のクリンゴンの顔が多少変わっていても問題ではないのですが、不細工なのがイヤ。

最近助っ人キャプテンの立ち位置が確定しつつあるキャプテン・パイクが第1話、第2話でセーフランディングを果たし、スポック、そろそろ出てくるかしらとワクワクしております。

ワタクシ、トレッキーになりつつあるのかもしれません…

投稿者: のろのろ

ブログのカスタマイズをしては、備忘録を書いています。2017年4月にワードプレスデビューし、試行錯誤しながら寝落ちする感じのへなちょこブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください