ベテランハンターの友人と夕食に行った夜が、たまたまモンスターハンターワールドの発売日で、「一緒に遊ぼう」と誘ってくれたのにうっかり乗ってしまった「非アクション」系のRPGゲーマー目線のレビューです。

そのまま1年以上ハマってます。

基本情報

原題モンスターハンター:ワールド
タイプアクションRPG
リリース日2018年1月26日(UK)
開発元カプコン
プラットフォームPS4・Xbox One
評価(最大5)☆☆☆☆☆

遊び始めた時は☆3でしたが、1年以上も遊び続けられるという驚異のゲームで☆5つに変更しました。

感想

映像はハイレベル圏

映像はとてもきれいでした。2018年のトップというには憚られますが、トップ圏の映像です。

アンチャーテッド、ホライゾン、FF15のような映像美とはちょっと違うけど、森、砂漠、幻想的な丘などをエリアごとにシームレスに歩き倒せるのは非常に楽しかったです!

マップの作り込みが過剰気味

ストーリーが進むにつれ、このゲームに適したマップに変わっていくのですが、ゲームスタートのダンジョンは、作り込みすぎてストレスがたまりました。

アイテムを拾い集めたり、純粋に景観を楽しんだり、散策する分には、マップ製作者の職人魂をあがめたくなる凄く作りこまれたマップなのですが、バトルには向いていないというか、ストレスがたまりました。

キャラクターの魅力

主人公のキャラクターは自分で作るスタイルです。細かいところまで設定できるのですが、設定時と操作時のキャラと印象が違いすぎてかなり批判が出た様です。

私も痛い目にあいました。美人系のキャラを目指して作ったのですが、全然違うハンターになりました。

後日、1回だけ無料でキャラ修正が出来るチケットが発行されたのですが、時遅し。

不細工でも愛着が湧いた後で、こんなものだされても…っとやるせない気分になりました。

個人的にはキャラクリの問題よりも、チケットが出るのが遅すぎた事の方がモヤっとしています。

主人公以外のキャラクターですが、主人公と行動を共にする「相棒・受付嬢」が、不細工だとか、性格が地雷だとか、いろいろ批判があるようです。

個人的には、日本のアニメ的な美少女タイプよりも、この普通っぽいの方が自然で好きですし、性格の方は↓の様に考えているからか全く気になりません。

世界観が確立されているゲームなので、ゲームシステムが独特です。

音楽・効果音

音楽は、そつがない感じ。自分のテーマソングを持っているモンスターがたくさんいて、楽しいです。

一方、武器の効果音は凄かった!同じ武器種でも、武器の特性に合わせて細かく差別化されています。これは、ほんとうに、感動しました!

武器が出す効果音って、自分の操作に連動している、つまり遊びそのもの。これが楽しくて、BGMを切って遊んでいる時間の方が長いです。

ストーリー

ストーリーはあっさりしています。

ハンティングを楽しむものだから、ストーリーはおまけ??

割り切っていていいんじゃないかな?

アクション

これは、ただひたすら、難しかった!

なんどコントローラーが壊れているんじゃないかと疑ったことか…

スキルの設定が複雑怪奇。上達には理論武装が必須になります。

理論武装が必要だという事が分かった後は、それ自体が楽しみ方の一つだと思えるのですが、初見ユーザに「ゲームバランスの調整力が壊滅的に悪い」と誤解されそう。

というか、当モンハン初心者、誤解しました。

まだ持っていないスキルについて、前もって知ることができるような俯瞰図みたいなものがあれば、長く遊ぶ人が増えそうな気がします。

道具・宝・アイテムなど

お店で売ったり買ったりするよりも、何でも自分で素材を集めて作るっぽいです。

冒険中のメニューに釣り道具やバーベキュー道具が見えているので、適当に使ってみています。

武器や防具を作る素材を集めるために、関連するモンスターを狩りに行くのは、結構楽しいです。

ただ、一部アイテムのドロップ率が低すぎて、やってられなくなりましたw

ダウンロード・データロード

ダウンロードはそれほど時間がかかりませんでした。

データロードは長すぎ。ストレスになります!

その他の感想

文字が小さすぎた

とにかく非常に困ったのは文字が小さすぎて読めないことでした。

文字が小さくて読みづらいのは最近のゲームの傾向とも言え、どのゲームも似たようなものです。ただ、漢字よりアルファベットの方が少し読みやすいのと、英語のゲームはボイスが多くて読まなくても何とかなったりします。

ボイスが中途半端にしか入っていないので、読まないとわからないのですが、全く読めない。

ゲーム用のソファーをテレビの真ん前に移動したら、今度はバトルの際に画面が近すぎてキツイし、これは困った…

後日、文字サイズが大きくなるアプデが出ました。うん、うん。みんな困ったよね。

マルチプレイとボイチャ

マルチプレイが可能な設定でゲームを始めるといきなり知らない人の集会場に放り出されます。

私はいきなり韓国語のボイチャ有の集会所に放り出されて、恐怖しました。

こえ~。

日本の友人とのマルチプレイに最初はボイスチャットを使っていたのですが、これは正直ラグがありすぎて使えませんでした。

最後に

アクションが苦手なので、とても難しく感じます。(自分のスキルの問題で)なかなか上達しないので、なんだか止め時がわかりません。

一部アイテムのドロップ率が悪いのが苦痛で、何度も脱落しています。

でもしばらくすると、またログインしているという、不思議な中毒性を持つゲームです。

気付いたら1年以上あそんでいるのに、まだまだ上手になりたいという気持ちが消えません。

投稿者: のろのろ

ブログのカスタマイズをしては、備忘録を書いています。2017年4月にワードプレスデビューし、試行錯誤しながら寝落ちする感じのへなちょこブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください