モノが多いと、モノを大事にしない

モノに溢れている我が家。ミニマリストがよく書いている”モノが多いと、モノを大事にしない”という言葉は、とても耳が痛いです。

認めたくないが、認めざるを得ない…

モノが多いと、モノを大切にしない

そんな事はないでしょう??
モノが多い事と大切に扱うかどうかは切り離して考えようよ!
捨てまくっている人たちなんて、モノを大事にしているとは言えなくない?

と、反抗心満々だったのですが、最近ちょっと認め気味です。

お菓子の「お徳用」

節約の為に「お徳用」を買っても、補充スピードが普通用の時と同じ場合があります。

特にお菓子。
沢山あると思うと、気が緩んで、いつもより多めに食べちゃったりします。
一時の満足感はあります。
お得用のお菓子は、食べる量を増やしたい時にはいいかもしれません。

この場合は、「大事にしない」というレベルには至らず、チョコ一粒のありがたみがちょっと減るかな?、程度です。

買いすぎた生鮮食品

魚やお肉は安いからといって多めに買うと、食べきれないまま廃棄することになったりします。

腐ったものを置いておくと実害が出るので、廃棄するしかありません。

それからしばらく適正量買うように心がけた後、また忘れて余分に買って…
の繰り返しですが、これらは廃棄する事によって、「もったいないな〜」っと、大事にする気持ちを持ったままお別れする事ができます。

過剰なトイレタリー

我が家で、腐らない過剰在庫といえば、洗濯洗剤。
安い時に買いだめします。
買うときは、賢い主婦にでもなった気分ですが、私はこの後がよろしくない。
景気良くドバドバ使うので、消費スピードが速いです。

今時の洗剤は優秀なので適量入れるのが最も効果的なハズ。

このくらいならまだ粗末に扱っているというレベルでもありませんが、何だか太っ腹になっているのか、チマチマ(大事に)使っている感じはしません。

過剰在庫があることによって、切らすことがなかったのですが、試しに補充しないで1パックで回してみたら、適量を守るようになったという謎の現象が発生しました。

ただ、買い物リストを作るのが面倒なので、次の購入時期を遅らせようとしている感じでしょうか?

靴下だけを大事にする変なヤツ

私は未開封の衣類が沢山あって、3年ほど衣類を買っていませんが、靴下だけは買い換えが発生しています。

断捨離の「断」として、一時帰国時のまとめ買いを止めて、必要な分だけ現地調達するようにしました。

一時帰国の時に偶然補充の時期と重なったら、日本で買ってもいいというマイルールにしたところ、それはもう大事に履くようになりました。

傷みにくい様に、洗濯ネットに入れて洗っています。
定期的に毛玉をとったりしています。
足の爪もまめに切っています。
もともと指先のところに穴が開いていたのですが、最近は、ゴムが緩むか、踵が薄くなります。
長持ちになりました。

溢れかえった他の衣類も大事に着ているつもりです。

が、数が少ない靴下を他の衣類よりも数段大事にしている事を自分でも自覚しています。

「モノが多いと、大事にしない」とは、認めたくないのですが、逆説的にそうかも…

認めざるを得ない

ここまでで、半ばあきらめがついて、モノが少ない方がモノを大事にできるというところまでは、認めざるを得ないでしょう。

それが、モノが多いと、モノを大事にしないになるかどうかは、まだ不明です。

ミニマリストと相性が良い「断捨離」の概念ですが、私は「捨」が大の苦手で、勿体ない病です。

まだまだ修行中の身で、目下、勿体ながることと、モノを大事にすることは違うという意見を理解しようと試みているところです。

投稿者: のろのろ

ブログのカスタマイズをしては、備忘録を書いています。2017年4月にワードプレスデビューし、試行錯誤しながら寝落ちする感じのへなちょこブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください