イギリスでは、花粉症の事を「Hay fever」(日本語にすると芝花粉症)と呼びます。

「花粉アレルギー」を直訳してPollen Allergyと言っても通じますけれど、イギリス人の口から出てくるのは「Hay fever」という呼び方。

日本ではスギやヒノキといった樹木系の花粉症がメジャーですが、イギリスでは「芝花粉」をはじめとする草系の花粉症が主なので、花粉症=芝花粉症的な呼び方で定着しているようです。

england and sheep

確かに、イギリス中どこへ行っても牧草地!みたいな感じですから、のどかで美しいのですが、ピーク時にはとてつもない量の花粉が飛んでいそうです。

6月1日にオクスフォードに転勤して一週間もたたないうちに、芝花粉アレルギーになってしまい、涙しながら働いています。以前ロンドンに住んでいた頃は丸2年もいたのにかからなかったのにな~~。

かなり強烈なアレルギー反応を示しており、つらいです。とりあえず室内に引きこもっております。

NHSの「芝花粉」のページで爆笑する

病院に行くか悩んで、イギリス保健局(National Health Service)のHay Feverのページを覗いて見てみたところ、自分で出来る事の最初の項にput Vaseline around your nostrils to trap pollen(=鼻の穴付近にワセリンを塗って、花粉を捕獲する)というのがあって爆笑しました。

いや、至って真面目なサイトなので、一見の価値ありです↓
NHS、Hay fever

イギリス気象庁の花粉予報(Pollen Forecast)

イギリスの気象庁(Met Office)にて、花粉予報を出しています。

met office pollen forecast link
クリックするとMet Officeの花粉予報ページに遷移します。

gov.ukのURLを戴きながら民間の広告を貼りまくっている微妙なサイト…とはいえ、私も花粉症の薬はBootsで買っています。笑。

そんなことはどうでもいいとして、彼らのサイトでは、イギリスの花粉は3区分。

Met Office, Pollen Forecast
The pollen season separates into three main sections:

  1. Tree pollen – late March to mid-May.
  2. Grass pollen – mid-May to July.
  3. Weed pollen – end of June to September

花粉の季節は3つの大区分にわけられます:

  1. 樹木花粉 – 3月下旬から5月中旬
  2. 芝花粉 – 5月中旬から7月
  3. 雑草花粉 – 6月下旬から9月

Hay(芝、というか正確には干し草)とWeed(雑草)の微妙な違いは、私にはわかりませんが、画像では、草とタンポポの綿毛で書き分けられています。なんか違うんでしょうね~。

Met Officeのサイトの方が花粉症対策の情報が充実していて、奇妙な感じですが、助かりました。

投稿者: のろのろ

海外赴任中で、社畜で、早期リタイア志望者で、ゲーマーで、トレッキーに片足突っこんでいる、SF好きの、雑記ブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください