引っ越し、お茶を出すか悩む日本人客と”心付け”をねだるインド人業者

インドでは、チップを渡すまで帰らない業者やお茶をねだる業者が多くて、”心付け”を渡さない客の方が不行き届き者扱いを受けます。笑。

引っ越しの際にお茶を出すか悩まれる方は、ペットボトルがいいらしいですよ。

「引っ越し 見積もり お茶」という検索ワードをチラホラ見かけて、日本人の繊細さに感銘を受けております。

“心付け”が定着した文化

日本ほどチップやお茶などの心付けを求めない文化ってあまりなくて、そっちが珍しいのかもしれません。

日本よりもチップが不要なのは中国ですが、お茶や茶菓子は出していたような気がします。

会議や学会の際にも日本ではあまりお茶やおやつが準備していないですよね。
中国、欧州では、お茶があるところが多いです。ウォーターサーバーで自分で組んでね!って感じのところもありますが…

インドでは、家で何か作業をする業者さんには必ずチップを渡します。
だから小銭がないと非常に困ります。

その手前で、お水やお茶をねだられていました。
テレビや家具の配達が半日遅れたうえに、水のおねだり…
ねぇ、反省している?
なぁんて、思っていたものです。
業者さんへのホスピタリティー、大事です!(多分)

最後の最後の転出の引っ越しの際も、2Lのお水のボトルを10本準備したのですが、日系の業者さんで、作業者の方々が凄く遠慮がちだったのに非常に驚きました。

引っ越し見積もりの際に本格中国茶を出してみたい

えぇ、そぅ。いたずら心です。

多分お忙しいだろうから、ご迷惑でしょう…

中国の工夫茶だと、えっちらおっちら、時間をかけていれた割に、湯呑はおちょこサイズ。

どんな反応をされるか、興味深々です。

鉄観音がいいかしら、大紅袍っていうのもいいわよね~。
苦丁茶は流石にエキセントリックすぎるかしら?
なぁんて、想像しながらいつか来る引っ越しの日を楽しみにしております。

投稿者: のろのろ

ブログのカスタマイズをしては、備忘録を書いています。2017年4月にワードプレスデビューし、試行錯誤しながら寝落ちする感じのへなちょこブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください