インドでは、チップを渡すまで帰らない業者やお茶をねだる業者が多くて、「心付け」を渡さない客の方が不行き届き者扱いを受けます。笑。

引っ越しの際にお茶を出すか悩まれる方は、ペットボトルがいいらしいですよ。

「引っ越し 見積もり お茶」という検索ワードをチラホラ見かけて、日本人の繊細さに感銘を受けております。

「心付け」が定着した文化

日本ほどチップやお茶などの心付けを求めない文化ってあまりなくて、そっちが珍しいのかもしれません。

日本よりもチップが不要なのは中国ですが、お茶や茶菓子は出していたような気がします。

会議や学会の際にも日本ではあまりお茶やおやつが準備していないですよね。

中国、欧州では、お茶があるところが多いです。ウォーターサーバーで自分で組んでね!って感じのところもありますが…

インドでは、家で何か作業をする業者さんには必ずチップを渡します。

だから小銭がないと非常に困ります。

その手前で、お水やお茶をねだられていました。

テレビや家具の配達が半日遅れたうえに、水のおねだり…

ねぇ、遅刻の件、反省している?

なぁんて、思っていたものです。

最後の最後の転出の引っ越しの際も、2Lのお水のボトルを10本準備したのですが、日系の業者さんで、作業者の方々が凄く遠慮がちだったのに非常に驚きました。

流石、日系!

最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿者: のろのろ

海外赴任中で、社畜で、早期リタイア志望者で、ゲーマーで、トレッキーに片足突っこんでいる、SF好きの、雑記ブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください