「外に出られない」ではなく、「外に出たくない」というのが正しい言い方でしょうか?

出ようと思えば、出られる

欧米人は街なかをうろうろしている人もいます。驚きでした。

だれも止めませんし、外に出てはいけないという決まりはありませんが、危ないです。

最も怖かったのは、狂犬

狂犬病になったら、終わりだと思うと、犬がこわくなりました。

だから、基本的に、出発地から目的地まで車の中にいました。

それ以外は、家に引きこもっていました。

他の危険な動物

運転手さんが、ネズミにかまれて、死にそうになっていました。

相当な高熱を出して、復帰後もかまれたところがめちゃめちゃ腫れていました。あんなに腫れている足を見たのは初めてで、よくその状態で仕事するなと、勤勉さに感心していました。

どこぞで外出中にかまれたらしいです。

自宅や高級ホテルなどは、駆除がなされているので、見かけませんが、沢山いるらしいです。

その他、デンジャラススネークとか、サルとか、襲ってくるらしいので、要注意です!

うん、出かけたくない…

人も、怖いです。

急に理由もなく刺される、みたいなことは殆どないと思いますが、ホームレスの人が寄ってきて、お金を無心されるだけでも十分恐くないですか?

大勢のホームレスに囲まれたら、めちゃめちゃ怖くないですか?

繰り返しますが、私は、できるだけ家に引きこもっていました。

日用品を買い忘れたら運転手に電話するのが面倒

夜遅く、パッとお財布を持って、近所のスーパーへなんてことができませんので、運転手さんに電話して、迎えに来てもらうまで待って、買いに行って、送ってもらって帰宅する。水1ボトルでも、です。

運転手さんに買ってきてもらうという手もあります。

住み込みのお手伝いさんならもっと簡単に頼めるかもしれませんね。

インドでは、お店が空いている時間に気付けないと、翌日まで我慢です。

水は生命線なので、沢山買いだめしていました!

ま、しっかりしている人には問題がないのかもしれません。

「外に出られない」閉塞感…

ゲーマーで日本にいた時からお家大好き人間だった私も、流石に心理的にストレスを感じました。

幾分でも心地よく過ごすために、広めのお家にお住まいになられる方がよいかもしれません。

個人的なインドのハードシップ第一位は、外に出られない、でした。(居住期間は2年です。)

最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿者: のろのろ

海外赴任中で、社畜で、早期リタイア志望者で、ゲーマーで、トレッキーに片足突っこんでいる、SF好きの、雑記ブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください