“差額貯金”というのは、買う予定だった金額と実際に買った金額の差額を貯金に回す貯金法です。

例えば、定価500円の靴下をセールやクーポンで300円で購入することが出来たら、差額の200円を貯金する。

例えば、1泊15,000円の高級温泉旅館を1泊3,000円の素泊まり宿に変えて、差額の12,000円を貯金する。

例えば、20万円のインドツアー旅行を5,000円の「アンチャーテッド 古代神の秘宝」(PS4ゲーム)に変えて、差額の19万5千円を貯金する。(笑)

などなど、買ったつもりになって、使う予定だった分のお金を貯金する”つもり貯金”の兄弟分です。

“つもり貯金”同様に、ぶたさんの貯金箱にちゃり~んっと小銭を入れる感じの人が多いみたいですけれど、別に数字だけ記録して、満足感に味わうだけでも良いと思います。差額分のお金を使わないで貯めるという点では、同じですから。

「お得に買う」や「他のもので代替する」というのは、実はみんなやっている事。
“差額貯金”の意義は、差額をすぐさま貯金額として確定する事で確実に貯金できたり、
お手柄として、へそくりに入れたりするのに罪悪感を感じずに済むとか、そういう事だと思います。

どちらも自分が工夫したことでお金が貯まる。攻めの貯金法。
管理が面倒なところが難点です。

差額貯金の成立条件

差額貯金の成立条件は、大きく分けて2つ。

1つ目は、差額が計算でき、覚えていられること。
これは、面倒くさがりにはかなり困難です。

特に小さい金額は覚えていられません。

2つ目は、差額貯金としての成果を見たいと思っていること。
差額をきっちり貯金箱に入れる(もしくは記録する)マメな人じゃないと成功しません。

自宅について、差額分の小銭がなかったら、貯金箱に入れられないので小銭確保の面倒くささもあります。

これは貯金法として効果が低いという事ではありません。
むしろ貯金法として成果が出やすい方だっと思います。

特に大きな買い物をする前に、ちょっとした工夫をすると大きく貯金が進みます。

だた、記録するのが面倒くさくて”差額貯金”としての貢献度が分かりにくいです。

家計簿アプリで差額貯金分だけメモ

計算機付きの家計簿アプリで差額貯金分だけ記録する。

貯金術の殆どが、貯める為のモチベーションを上げるために存在しているわけですが、私こんなに頑張りましたよ!っという記録がどうしても欲しい場合は、そこの部分だけ発生の都度、スマホの家計簿アプリにメモするのが一番やりやすい感じでしょうか?

私は1か月だけiphoneのMemoに「2017年4月2日、ラテ£3.1」などと記録していたことがありますが、耐えがたく面倒くさい。

1か月だけだったけど、総差額は£1,500(20万円ぐらい)。
普段は記録がないだけで、実際には同じように差額貯金を継続している状態なので、コンセプトとしては優れていると思うのですけれどね…

投稿者: のろのろ

ブログのカスタマイズをしては、備忘録を書いています。2017年4月にワードプレスデビューし、試行錯誤しながら寝落ちする感じのへなちょこブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください