出国する時には3ヵ国をスライドで海外赴任することになると想定していなかった私が自分をべた褒めしたい海外赴任準備は、日本のメインバンクにポンドとドルの外貨口座を開いておいたことです。

正確には、日本からの転出の際に元々開いていた外貨口座を閉じなかっただけなのですが、そんな人は多くないかも?

兎も角も…

恐怖の円高

私の海外赴任は2008年から始まったのですが、2012年まで恐怖の円高が進行し、赴任先から引き上げる時に、割高感がある円を買わなければならないところでした。

イギリスに住んでいたことがあって、ポンド口座を開いていたのと、ついでにドル口座を開いていたので、めちゃめちゃ強い円ではなく、円よりは弱いポンドやドルとして日本に送ることが出来ました。

日本が円安になってからポンドやドルを円に換えればよかったので、気が楽です。

赴任先によっては、給与の通貨に持ち出し制限があって、帰国の際に何らかの通貨に変えなきゃいけない場合もありますよね。

私は最初の2か国がそうでした。

国際取引通貨(いわゆるハードカレンシー)で給与を支給された海外駐在員には、現地口座を残したままにする人もいるようですが、私はケアが面倒くさくてムリ。

日本のメインバンクに外貨で預かってもらっている方が後が楽です。

別におススメしているわけじゃありません。

私が自分を「グッジョブ!」っと褒めちぎったので、情報共有まで。

最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿者: のろのろ

ゲーマーで、トレッキーに片足突っこんでいる、SF好きの、雑記ブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください