イギリスの家具って、高いですよね。

貧乏駐在員には、組み立てが終わっている素敵な高級家具は買えません。
全て自分で組み立てています。

自分で組み立てるタイプの家具は、材料がフラットな箱に詰められているので、”flat-pack”と呼ばれます。

因みに、「自己組み立て」は、英語で”self-assembly”と言います。

中にはかなり難しいものや、ドリルなどの本格的な道具を必要とする物もあります。

商品ページからダウンロード出来る組み立て設計書を眺めてからじゃないと怖くて買えません。

本日、”flat-pack”を開梱して、ソファーを組み立てました。ネジ8本で簡素な作りだったので、何とかクリア!

他の貧乏駐在員から聞いた話では、ソファーは楽勝で、タンスが中級、ベッドの組み立てが一番しんどいとのこと。

まったくもって何もない家だったので、ちょっとだけ埋まった感じになりました。組み立てるのが大変そうなので、ボチボチ増やしていきます。

投稿者: のろのろ

海外赴任中で、社畜で、早期リタイア志望者で、ゲーマーで、トレッキーに片足突っこんでいる、SF好きの、雑記ブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください