“FC2ブログ”からワードプレスへ引っ越した理由

ワードプレスでボツネタブログを立ち上げた後もずっと”FC2ブログ”(無料版)をメインに据え続けた理由は、突き詰めてしまえば、それが最初のブログだったから。センチメンタルな理由でした。

このセンチメンタルな理由、なかなか強くて、大好きなFC2ブロガーさんがブログをお休みしてしまったことが最終的な引き金となりました。

今回は、趣味でブログを書くという観点から、「お金がかからない趣味(FC2)」から「お金がかかる趣味(ワードプレス)」へと変わってしまってもワードプレスが良い理由を記録に残しておくことにしました。

ワードプレスが他と代えがたい点

飽くまで趣味ブロガー目線ですから、一般的なワードプレスの利点とは全く違います。念のため。

リビジョンでバージョン管理ができる

私は作文が下手です。

手直し・書き直しが非常に勉強になるので、公開した後、何度も書き直しています。

ワードプレスには、リビジョンという機能がついていて、過去のバージョンをすべて残すことができます。記事間の差分もハイライトしてくれます。これは学習者にはとてもありがたいツールです。

自分がかつて書いた文章をバッサリ切り捨てるのに心理的抵抗があったのですが、リビジョンに残っているという安心感があるだけで、かなり思い切って書きかえるようになりました。(たんなる「捨てられない」貧乏性??)

関連記事「リビジョンを削除するプラグインを削除した理由

SEOプラグインの作文指導

私は、YoastというSEOプラグインを使っています。パンくずリストを入れたくて使い始めたのですが、なんとコンテンツ分析・指導もしてくれます。

タイトルが短すぎる
見出しがない
キーワードがはいっていない
画像がない
内部・外部リンクがない
云々。

細かすぎてウルサイのですが、これがトレーニングになります。

Googleはずっとコンテンツを充実させましょう!っと口酸っぱく言っているので、このSEOプラグインもユーザの為になる良いコンテンツとは何か?のツボを抑えて確認してくるのです。

モノグサな私には、こういう細々と気づいて指摘してくれるプラグインがピッタリ。

関連記事「“Yoastメタボックス”に記事の書き方を学ぶ

個別記事のメタディスクリプションを設定できる

メタディスクリプションは、Googleなどの検索結果のスニペット(ページ説明)の部分に表示されやすいページ毎の要約文です。

ワードプレスでは、「抜粋」や「カスタムフィールド」を利用してメタディスクリプションを記事とは別に作る環境が整っています。(私はYoastのフィールドを使っていますが、Yoastも設定で「抜粋」や「カスタムフィールド」を利用することができます。)

FC2では、テンプレートをカスタマイズして「記事の冒頭の200文字」などをメタディスクリプションに指定することができますが、リード文にふわっとしたゆるさを持たせたいタイプのブロガーさんだと、検索用のぎゅっと要約されたメタディスクリプションを別に準備したくなるっぽいですよ。

趣味で書いているブログなのでクリックされなくてもいいのですが、(かなり面倒くさいけど)要約文を書くと本文に関係がない文章を間引きやすくなるから書いています。

関連記事「“メタディスクリプション”は、めちゃめちゃ大事だと思うよ

カスタマイズがやりたい放題

https化、
AMP化、
(JSON-LDなどの)構造化データ投入、
php編集、
充実したプラグイン、
サブドメイン・サブディレクトリサイトの立ち上げ、
あちらこちらのブログからの引っ越し、
などなど、

何気にいろいろ試しました。(素人なので大したことはできていませんが…)
たのし~。

FC2では、無料版でもHTMLとCSSなら、ほぼ自由にカスタマイズできます。
無料版の唯一の指定が「広告コード」。
自分で書き起こしたテンプレート(HTMLとCSS)を試したりして、とても楽しかったのですが、物足りなさは残っていました。

ワードプレスには、手に負えないほど出来ることがある!
これは大きな魅力です。

趣味だから、お金払ってでもやるんです。

関連記事「開き直ってよかった、”収益化をしない”のにワードプレス

さようなら、FC2ブログ

先週FC2からワードプレスへの引っ越しを終えたばかりなので、これはちょっとした寂しさをまぎらわす追悼記事です。絶賛ホームシック中。

収益化のためにワードプレスを選んだブロガーさん目線では、「大分間違っている」かもしれませんケド。

書きたかったの。
お別れ記事。

さようなら、FC2。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。