リベリオン、レビュー【ネタバレなし】

3.5

アクションの立ち回りを究極までアートにするとこうなった。みたいな、強いこだわりを感じる近未来アクション映画です。監督の(?)中二病炸裂してます。

基本情報

原題Equilibrium
邦題リベリオン
タイプSF
公開日2002年12月6日
監督カート・ウィマー
脚本カート・ウィマー
原作者
おすすめ度3.5 (1~5点)

トレーラー

Equilibrium (2002) Official Trailer #1 – Christian Bale Movie HD

あらすじ

「ファーザー」と呼ばれる指導者の元、感情を抑制する薬、プロジアムの服用を義務付けることで、争いのない世界を実現したリブリア。争いの元になる芸術作品を取り締まる武装捜査官(=クラリック)のジョン・プレストンは、長年共に行動していた同僚パートリッジですら違反者として検挙し、処刑する。

しかし、この事件は、彼に「感情」的な影響を与え、リブリア、ファーザーの方針に疑問を感じ始める。

脚本、世界観

SFによくある「争いを予防するために感情が抑制された世界」です。白色ベース系と灰色ベース系がありますが、この作品は灰色ベースで堅苦しく人工的な雰囲気を醸しています。

雰囲気づくりの為に敢えて単調に作ってあるんでしょうけれど、キャラクターごとのストーリーとドラマはしっかり通っているので、そこまで退屈には感じませんでした。

登場人物

カメレオン役者で有名なクリスチャン・ベールが主人公で、いつも通り手堅い役作りでした。脇役陣も雰囲気作りが上手い。

子役のマシュー・ハーバーや、違反者役の違反者だった同僚パートリッジ役のショーン・ビーンが渋くて好きでした。

アクション、笑い

マトリックスが引き合いに出されていましたが、独自の武術を表現しており、中華風であり、和風であり、銃撃戦であり、「美しさ」に拘った結果、かっこいいんだけど、立ち回りがちょっと笑えます。

作風的に「笑い」の要素はありません。

映像美

芸術を取り締まった灰色の世界でありながら、景観、アクション、人々の立ち振る舞いなど究極までアートに振り切っており、強いこだわりを感じます。

また、物語が進むと、カラーテーマが変わります。

音楽

邪魔にならない程度の音楽が流れていたんだと思いますが、記憶にない…

感想

以前、見た事を忘れて、また見てしまいました。雰囲気作りが凄いので、見終わった瞬間は余韻に浸れるのですが、テーマはSFによくある系で、結末も読めるベタなストーリーなので、多分また忘れちゃいます。

でも、何だかだで最後まで一気に見たので、見ている間はちゃんと引き込まれており、映画としての仕事はキッチリしてくれています。あっという間に終わった感じがしたのですが、107分ということなので、面白い作品と呼んでいいのかも。

気分転換したい時とか、現実からちょっと離れたい時なんかに見るといいかも。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました