Categories
ブログのウラ側

易きに流れた結果としてのワードプレス

簡単に言うと、ワードプレスは運用がラクチンだ、という意味。2つ目のブログを起こすにあたって、どのサービスを使うか検証したのですが、あぁ、簡単な方に流されてしまった~っと、ちょっとした反省文と言い訳を3つのポイントとして書き出しました。

簡単に言うと、ワードプレスは運用がラクチンだ、ということ。

2つ目のブログを起こすにあたって、どのサービスを使うか検証したのですが、結局、簡単な方に流されてしまいました…

慣れたらラク。

慣れるまでのことは「ワードプレス は難しいのか?」に書いておきました。

決定打は「Gutenbergエディタ」

ワードプレス5.0から採用された「Gutenbergエディタ」はどちらかというと評判が悪いのですが、私はこれが気に入ってしまいました。

悪口を言っているのは「デスクトップパソコン」のユーザーで、iphoneの音声入力で記事を書いているワタクシ目線では、かなり使い心地がいいです。

このエディタは「スマホ」や「タブレット」もしくは「ノートパソコンでタッチパッド、タッチスクリーンを使う」ブロガーとは相性がいいと思う。

カスタマイズ情報の豊富さ

ワードプレスユーザが多いので、カスタマイズしたいときに、コピペで済む情報がネットにゴロゴロ転がっています。

私もちょいちょいメモ記事を作っていますし。

これまで試した無料ブログはBlogger、Seesaa、FC2ですが、何かをカスタマイズしたいときには、近いサンプルを探して、自分のテンプレートに合うように試行錯誤していました。

HTMLやCSSの知識がないと微調整すらできなくて、非常に勉強になりましたが、ワードプレスユーザは基本的にはコピペで貼り付けられるような形で情報共有してくれるので、めちゃラクチン。

バージョンアップがある

検索エンジン最適化とか、最新の技術などを適用してシステム、エディタ、テーマ、プラグインなどをバージョンアップしてくれます。

無料ブログではシステム更新は半強制的に適用されて選択肢がないし、エディタはカスタマイズできない場合が多いし、テーマは基本的に一度ダウンロードしたらそれ以上の更新はないし、プラグインの適用バージョン管理がないので上手く取り込めなかったりするし…

自分で新しい情報に目を光らせて適用させていくのって大変だからすごく助かります。

唯一の問題は費用?

年間:7,160円 (サーバー代+ドメイン代、3年契約)

私が次の3年間払い続ける事になる固定費を試算したら、ゲームソフト一本分ぐらいの値段でした。

ゲーム一本クリアするのに30~50時間ぐらいかな。

「まぁ、1年間にそのくらいはブログで遊んでるでしょ。」っと趣味として割り切れば、まぁ、OKだという事にしました。

この辺りは趣味ブロガーならではの発想ですな。

最後に

あぁ、簡単な方に流されてしまった~っと、ちょっとした反省文と言い訳でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.