カテゴリー
社畜

「仕事の任せ方」の記事にキレる

たまに自分が腫れ上がったリンパ節のように思えてならない時があり、どうすれば自分が律速にならないで済むのか知りたかった。記事を読んでみたら、任せなくても仕事が回る余裕のある会社にお勤めのリーダーさんか、部下が沢山いて 「任せる人をえり好みが出来る」贅沢なリーダーさんへのアドバイスでした。

カテゴリー
社畜

社畜病⑪、変えられるのは自分だけ

初めて部下を持った新米リーダーあるある?私の場合、部下が思うように成果を上げてくれない時、他のチームがうまく連携してくれない時、もどかしく感じていました。あれから十余年、部下も、他のチームも、昔のRPGのキャラかなんかと思って割り切っちゃった感があります。

カテゴリー
社畜

「魂」をこめて仕事する。とな。

「魂をこめろ」と聞くとゾワっとするのは、私だけ?気持ちがこもっている事は成功しやすい傾向にはあるけど、たぶん「魂」という言葉が強すぎるんでしょうね。「気持ち」は七変化を起こすふわふわした雑多なモノだけど、「魂」は一個しかない大事なモノのような気がするし。

カテゴリー
社畜

社畜病⑫、ブログの「予約投稿」ができない体質になった!

誤解の無いように前提を書くと、「予約投稿」は、未来日時で記事を公開するようにセットできる機能です。収益目的のブログの場合、これを利用して毎日定時に記事を公開すると運営に安定感をもたらします。

カテゴリー
社畜

社畜病⑩、「リスト化」大好き

これは、ホントに直したい習性。なんでもとりあえず「箇条書きにできないか?」っと考えてしまいます。そしてそれを「カテゴリー分け」したり、「優先順位の高いモノから並べ替え」したくなります。何か難しいことに挑戦する時に、問題点や解決案をリスト化すると、細分化されてとっつきやすくなりますからね。