Categories
早期リタイア

「社畜ネタ」の旬は、「現役社畜」の今なんだなぁ〜

「社畜」は、wikipediaに載るほど浸透した概念で、曰く、「自分の意志と良心を放棄した奴隷(家畜)」だそうな。これ、私だ。むしろ自分の意思や良心が会社に寄り添っている気がするレベルだ。でも、辛かった時期を乗り越えられないので、早期リタイアすることになりました。

「社畜」は、wikipediaに載るほど浸透した概念で、曰く、「自分の意志と良心を放棄した奴隷(家畜)」だそうな。

社畜(しゃちく)とは、主に日本で、社員として勤めている会社に飼い慣らされてしまい自分の意思と良心を放棄し奴隷(家畜)と化した賃金労働者の状態を揶揄したものである。「会社+家畜」から来た造語かつ俗語で、「会社人間」や「企業戦士」などよりも、外部から馬鹿にされる意味合いを持つ。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これ、私だ。

むしろ自分の意思や良心が会社に寄り添っている気がするレベルだ。

会社も、同僚も、上司も、部下も、みんな大好き。

仕事なんて、これまで遊んだ中で一番面白いゲームだと思っているぐらい。

でも、辛かった時期を乗り越えられないので、早期リタイアすることになりました。

一旦決めてしまえば、早期リタイアに至るまでの「現役社畜」の期間が私にとっての「社畜の旬」の様なもの。

そう考えると、会社員最後の1年にありがたみまで出てしまう。

手の施しようがないほど、社畜だ!

皮肉だけど、そもそも皮肉な概念だから、シニカルに突き進むしかないよね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.