家計における”固定費”とは、毎月確実に出ていくお金です。

住居(家賃)や保険料の様に毎月一定額出ていくものや、光熱・水道費、通信費(ネットや携帯)の様に基礎契約の上に毎月異なる使用料が発生するものもあります。

加えて、習い事の様に必須ではないけど毎月定額支出されるものもここに含めているようです。

今回は、ジムに通い始めるか、悩んでいる話です。

代表的な固定費

消費支出の区分の代表的な固定費で、どこの家庭でも発生すると思しき費目は、下記の通り。

  1. 住居
  2. 光熱・水道
    • 電気
    • ガス
    • 水道
  3. 交通・通信
    • 通勤定期代・ガソリン代
    • インターネット
    • 固定電話・携帯電話

これらは、よくよく吟味してお得なパッケージを選ぶことで、自動的に少しずつ節約され、お金が生まれるので、家計見直しの初期段階に済ませておけば、やりくりが楽になります。

よくいう”お金が貯まる仕組み”って、こういう事なのかな??

次に、家庭固有の固定費として、よく見かける費目は下記の通り。

  1. 保健医療
    • ジム
  2. 交通・通信
    • 自動車積立・ローン、駐車場
    • NHK受信料
    • 定期購読日(新聞・雑誌)
    • 有料放送(ケーブルテレビ、Netflixなど)
  3. 教 育(お子様の)
    • 学費
    • 給食費
    • 習い事
    • 仕送り
  4. 教養娯楽
    • (お子様以外の)習い事
    • 美容費(美容院)
    • 各種会費

※税金、社会保障費、各種保険(生命・学資・自動車・火災保険など)は、非消費支出の方に入れています。

これらは、発生する家庭と、発生しない家庭があるので、ダイレクトに差がでますね。

固定費は、毎月見直さないことが多いので、こうやってリストを作って、年に1度見直しをする機会を作るといいらしいですよ。

ジムは保健・医療

これは飽くまで私の考え方なのですが、健康は最も重要な資産なので、これに関する費用はジムの会費も含め”教養・娯楽”ではなく、”保健・医療”の方に入れています。

でも、ジムって贅沢だよね。っとちょっぴり心がうずき、出来れば使わずに貯金に回したいと思っている費目です。

だから、健康懸念がない時期は、自分で出来ることをのらりくらりと行っているわけです。ジムに入るのは、飽くまで自分を健康な生活へ追い込みたいときだけです。

んで、今悩んでいるのは、その健康懸念が出てきたからです。

腰痛ですけど。

悩むのは成長の証?

本日、腰痛で会社を休んでしまいました。

腰が痛くて、8時間椅子に座り続けるのは厳しいと思ったからです。
これ、本業に影響していますから、何とかしなければなりません。

因みに会社を休んだのに、机に座ってブログを書くのにほんのり罪悪感を感じています。

私の場合、「太って体が重くなった」+「気温が下がった」の2つの条件が重なった時、腰痛がでます。

出社できなくなるほど腰が痛いレベルだと、筋トレはできませんから、これ以上太らない食生活に心がけながら、↓のステップで腰の周りに筋肉をつけます。

  1. プールに行って歩く
  2. 歩く
  3. ヨガ(インナーマッスル系の筋トレ)

2015年はダイエットについて勉強し、なおかつ自主トレしてましたので、仕事をしながらだとすごく時間効率が悪くて大変でした。

今年は、全てショートカットして、ジムに入会しようと思っているのですが、固定費増が頭をよぎります。

ジムに行っても他の費目が削られるわけではないので、純増です。

貯金を始める前は、悩まずさくっと入会していたんだろうな~っと、今の自分がもどかしく、昔が懐かしい…

けれど、ウジウジするようになった事こそが、成長の証だと考えるべきなんだろうな~。

むぅ~。

投稿者: のろのろ

ブログのカスタマイズをしては、備忘録を書いています。2017年4月にワードプレスデビューし、試行錯誤しながら寝落ちする感じのへなちょこブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください