早期リタイアに限らず生活を営む上で最もお金がかかる区分が「家賃」です。

このため「持ち家派 vs 賃貸派」は、各リタイリーの考え方がくっきりきっぱり現れる面白ネタです。

しかし、いざ自分が早期リタイアすることになると、話は別。私は「持ち家派」の「中古の庭付き一戸建て」になりそうです。

理由は「大きくない畑」が欲しいからです。茶の木やハーブを植えて料理に使うのを楽しみにしています。

「大きくない畑」なら一戸建てを「借りる」という手もありそうですが、実家の近くで借りられる庭付きの一戸建てが軒並み予算オーバーなので、諦め気味。

購入は、近所の人と残りの生涯のお付き合いになることを念頭に、慎重に決めなければなりませんから、しばらくは実家に居座ってボチボチ進めます。

メモ①調べるポイント

  • 予算を決める
  • ローンをどの位組めるか試算する
  • 固定資産税や管理・共益費などの最大値を試算する
  • 税の控除などの制度を確認する
  • 場所や条件を満たす物件を探す

上記は、東京で元不動産業に従事されていたリアルの知り合いが教えてくれたマンション選定のポイントなのでズレているかも。

一旦は、東京本社勤務を経てから早期リタイアに入ると思っていたので、会社の近くに投資用のマンションを買って、しばらくそこに住んで徒歩で通勤しようと考えていました。

この案は無くなったので、その記事は閉じて、メモを引っ越ししました。

メモ②庭無し「アパート」賃貸試算

月5万円 x 13か月 x 50年 (90才まで) = 3,250万円

※庭がない小さくて古いアパートでの試算なので、ココに住むなら、生活費込みで倍以上払うことになっても実家に居座りたい。

置いてもらえるかな…

最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿者: のろのろ

ゲーマーで、トレッキーに片足突っこんでいる、SF好きの、雑記ブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください