就寝中の「くいしばり」で歯が折れたことがあります。歯医者さんによると、夜間の食いしばりは、起きているときの15倍に上るとか。

対策としてマウスピースをつけて寝るようにしていますが、寝ている途中で吐き出しちゃってダメです。

くいしばりで歯が折れる

今回の一時帰国では、奥歯が一本、要・神経治療でした。凹む。

私はくいしばりがあるので、就寝時マウスピースを使っています。

それでも寝ている間にかならず取り外してしまうようで、中国では、右の奥歯2本にヒビが入り、それが虫歯になり、神経治療でした。

インドではなんと前歯が根元から折れて、これは、神経治療+差し歯でした。

ストレスがだいぶん減ったのでイギリスではマウスピースをサボっていたら、左の奥歯が欠けて、神経治療になりました。

ショック。

就寝中のくいしばりの威力

歯医者さん曰く、就寝中のくいしばりは、起きている時の全力の15倍にのぼるとか…

アゴの筋肉がダメになるし、偏頭痛になるし、肩こりもこれかも??

音がするような歯ぎしりはしていないのですが、大分食いしばっているようで、マウスピースしないと歯医者さんにすぐばれちゃいます。

できるだけストレスを避けて、体をリラックスさせて、ぐっすり眠るようにしないとね。

それでは、ストレスなぞおためにならず、何卒ぐっすりお休みくださいませ。

投稿者: のろのろ

海外赴任中で、社畜で、早期リタイア志望者で、ゲーマーで、トレッキーに片足突っこんでいる、SF好きの、雑記ブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください