Categories
ブログのウラ側

ブログのアクセス分析メモ

自分用のブログのアクセス分析の手順書を作っておくことにしました。しかし正直言ってアクセスの量には興味がなく、記事の品管用なので血気盛んなブロガーさんたちの参考にならないと思います。あらかじめお断り。使うのはサーチコンソールだけだし。

自分用のブログのアクセス分析の手順書を作っておくことにしました。

しかし正直言ってアクセスの量には興味がなく、記事の品管用なので血気盛んなブロガーさんたちの参考にならないと思います。

あらかじめお断り。

サーチコンソール検索パフォーマンス

使うのはこれだけ。

条件・手順メモ:

  • 検索タイプ、ウェブ
  • 期間、3か月(=アクセス分析頻度)
  • 合計クリック数、合計表示回数、平均CTR、平均掲載順位を全て有効化
  • タイプ、クエリ
  • データをGoogleスプレッドシートへダウンロード
  • 平均CTR1%以下、平均掲載順位10以下の条件のクエリをリスト化し、実際にGoogle検索してみる

※期間が3か月なのは、それがアクセス分析の精一杯の頻度であるため。

要は需要があって頻繁に表示されているのにクリックされていない記事を探して処置するための分析です。

処置例

  • 記事の中で使ったちっちゃい言葉が検索にかかっている場合は、その単語を取り除き、再インデックス申請
  • 自分用のメモがビッグワードと被っている場合、一旦下書きに戻してGoogle先生が忘却してくれるのを待って、再掲
  • 「くだらないところが気に入っている」記事は、ビッグワードを避けた「しょーもなさ」が伝わるタイトルに書き直して、再インデックス申請
  • カスタマイズメモは、下書きに戻すと自分が不便なので、検索にかかっているキーワードをタイトルから除いて、見出しに配置、メインワードとしてではなく、複数単語のサブワードとして検索にかかってくるように調整してから、再インデックス申請。

結果を知るのは3か月後…

上記、記事の本当の内容と検索エンジンの認知のすり合わせ、つまり正味の「最適化」をしているのであって、アクセスアップのためじゃないんで、ご理解ください。

アクセス分析手法は、そのうちボチボチブラッシュアップしていきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.