カテゴリー
イギリス

ぎっくり腰→「魔女の一撃」は、イギリス人には通じない

ぎっくり腰になって、痛かった!

111(イギリスのマイルドな方の救急)に電話しようかと思ったぐらい。

最初の3日、ほとんど動けなくて、ちょっと動けるかな?っとなって来た時に、くしゃみしたら、元に戻って、暗澹たる気分になりました。

カテゴリー
イギリス

Appleの指紋認証に慣れ過ぎて、パスワード帳が見つからない…

iPhoneだけでほとんどのことがまかなえてしまう便利な時代に生まれて本当に幸せ。唯一の難点は、海外引っ越しを行うたびにしばらくスマホ無しの生活を強いられ、各種登録変更をパスワード帳を使って行わないといけなくなること。

カテゴリー
イギリス

庶民、ウェイトローズの進化に戸惑う

最近、waitroseがゴミを減らしリサイクルを奨励するためにプラスチック容器の包装を減らしています。ブルーベリーなどのコロコロした果物は、厚手の紙のトレイに入ってるので、近くにあるあみあみの蓋を自分でかけて、秤にかけて、値札シールを貼るっぽいです。

カテゴリー
イギリス

日本はいつまで「ドレミファソラシド」なんだろう?

現在住んでいるイギリスでは、音は「CDEFGABC」で表現され、これはハ長調(C major)と通づる「ハニホヘトイロハ」と同じ概念で、どの音から始めても基準音が「ド」になる「ドレミファソラシド」とは定義が微妙に違うハズ。「移動ド」って、分かりにくくない?

カテゴリー
イギリス

とある元化学専攻者の人間関係感

イギリスでは、人と人の相性的なモノを「ケミストリー」と呼ぶのですが、言い得て妙。2年ほどイギリスでゴロゴロしたあと大学院に戻って、あらためて炭素を見ると、最外殻電子が4つ。安定電子配置を形成するまでに4つのケミストリーが発生する余地がある、大家族タイプに見えなくもない。笑。