平均貯蓄額1,812万円より、”社会保障スゲー”っと驚いた話。

「二人以上の世帯の平均貯蓄額は1,812万円」的な記事が出ていて、元データをたどったら、60-69才バンドと70才以上バンドの貯蓄額が70才以上の方が多いのに困惑しました。平均年間支出が321万円で、10年間の支出が3,210万円ぐらい必要なのになんで貯蓄額が減ってないの?、”社会保障スゲー”っと驚いた話です。

お金に触りたくない人の”袋分け貯金”

““袋分け貯金”というのは、用途ごとに月次予算を決めて、用途別の封筒やクリアケースに予め予算分の現金を入れて管理する貯金手法です。家計簿も袋分けも、お金を残すための技術ですが、残っているお金が見える袋分けの方が、より直接的に結果(=貯金)を知ることができます。

早期リタイアと投資の親和性

早期リタイアを目指して、しかる後に株や投資商品を始める人に軽い不安を覚えます。マネーリテラシーが向上して、投資を有効活用する人が増えたってことになっていそうなんですけど、ポジションを積んでいる認識すらなさそうなんだよな~。

家計の「バランスシート」を作ったら、シンプル過ぎて泣けた!

年末なので、家計の締めをしております。面倒くさがり屋なので「バランスシート型」で結果と予定だけをチェックします。これがシンプル過ぎて泣けるんですよね~。埋めなければならない項目は、水色マーカー部分の5項目。しかもクレジットカードは使わないので、埋める所は実質3つ。さむ~。