Gutenbergエディタ、「スペーサー」ブロックでミニマリスト風

ミニマリストブロガーさんたちのあの独特なスペーシングをGutenbergエディタの「スペーサー」ブロックで再現してみました。記事の投稿画面で、「ブロック追加→レイアウト要素→スペーサー」(赤枠部分)で追加した後、「設定→ブロック→余白の設定」(青枠部分)で高さを調整できます。

Gutenbergエディタ、「ブロック」って、どうやって消すの?

私がGutenbergエディタを使い始めて、最初に詰まったのは「ブロックの削除方法」でした。上部のメニューバーの縦破線のマーク(詳細設定)から「ブロックの削除」。もしくは、消したいブロック右側の3×2のドット部分を押し、ブロック全体を指定し、Deleteキーで削除することも出来ます。

Twenty Nineteen、「ヘッダーメニュー」が鬼便利!

ワードプレステーマ「Twenty Nineteen」のヘッダーナビゲーションのメニューバーでは、固定ページ、投稿ページ、カテゴリー、カスタムリンクから好きなページを自由に組み合わせることが出来て、便利!ただ、項目の余白が窮屈だったので、1rem分のマージンを入れてみました。

Twenty Nineteen、見出しの余白とFont Awesome

ワードプレステーマ、Twenty Nineteenの見出しの上部余白が窮屈に感じたので、余白を大きくしました。ついでなので、Font Awesomeのフォントを使って挿し色をつけてみました。H2タグの時だけ既存の設定を上書きしなければならないので、ちょっと面倒くさいかも。