いつの間にか「フォーカスキーフレーズ」に改名されてた!

Yoast SEOの「フォーカスキーフレーズ」には9つのアドバイスがありますが、日本語環境で活用するには少々コツが必要です。記事の本文の関連個所を””(ダブルクオーテーション)で挟むか、スペースを空けるという簡単な作業ではありますが、見た目が微妙なので、私は使わない事にしています。

【2019年3月更新】「ドメインパワー」がますますうさん臭くなっていて、草。

MozとGoogleは互いに関係のない独立した別組織なので、ドメインパワーが上がったからと言って、Googleにて検索上位に表示されるとは限りません。ページ単位が軸になっているように見えるGoogleのSEOとドメイン(サイト)単位が軸になっているMozのSEO。

【2019年3月更新】独自ドメインの恩恵

ゴリ押し気味ではありましたが、サブドメインでアドセンスアカウントを開けなくなってから数年、条件に組み込まれてしまったことにより、そもそもの独自ドメインの恩恵について語られることがなくなってしまいましたね。定着の速さが流石Googleって感じ。

ブログの理想的な段落構成

学生の頃、作文・論文は「起承転結」型で書くように教育されましたが、ウェブライティングは「導入→本文→まとめ」式が圧倒的。ふわっと入って、グッと引き込んで、キュッと結ぶ。てな感じ。見出しを活用したプロ仕様のブログの理想的な段落構成で記事を書いてみましたw

【2019年3月更新】メタディスクリプションの「文字数」数えたよ

検索エンジンにページの概要・要約を端的に伝える説明文、メタディスクリプション。「文字数」を気にされる方が多いので、まったりGoogle検索して数えてみたら全て日本語文字の場合、デスクトップは105 – 125文字、スマホは75 – 90文字でしたよ。