早期リタイアの為の貯金の過程で、断捨離やミニマルライフの記事を参考に、出来るだけモノを減らそうとしていた時期がありました。

しかし、それらは貯金の成果とは連動しなかったので、直ぐにやめることができました。

日本の「思想」系、片付け術

我ながら迂闊でした。日本で「片付け」が「思想」化していることに気づかず、貯金のついでに大量の文章を読んでしまいました。

その結果、夢にうなされました。

恐怖体験でした。

しかもこの記事を自分で時折読み返すことによって、恐怖が刷り込まれてしまいました。

もう近寄らないようにしないと。

現実問題モノを減らさなきゃいけない

そもそも、モノを減らさなきゃいけなかったのは、200~250平米の家に7年住んだ後、80平米の家に引っ越したら、モノが溢れかえった為です。

これは半年ぐらいモノを減らしていたら、落ち着いて、今は機嫌よく暮らしております。

早期リタイアを来年に控えた今、この80平米の家から、「実家に居候サイズ」に更にサイズダウンしなければなりませぬ。

が、ネットに入った瞬間「思想系」に中りそうなので、自分の頭で考えないと…

また両親に甘えるか?

実家では、私の部屋と弟の部屋が空き部屋になっているので、今の家の家財道具を全部引っ越しても、置けないことはありません。

私の一戸建て購入がスムーズに進めば、段ボール滞留期間は短くて済むし、甘えてしまうのもいいかも?

仕事関係の道具は全部捨てれば少しは減るだろうし、貯金のために新しいモノは殆ど買い足されていないので、やっぱり甘えてしまおうか?

いや、もうちょっと努力しよう。

しかし、スピリチュアルに近寄らないように、ネットに頼らず自分の頭で考えて、モノを減らすことができるのだろうか?

少々自信がござりませぬ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿者: のろのろ

海外赴任中で、社畜で、早期リタイア志望者で、ゲーマーで、トレッキーに片足突っこんでいる、SF好きの、雑記ブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください