総務省統計局のレポート(2016年)では、共働き世帯の平均の年収は722万円。”平均年間支出”は530万円。

黒字率32%って、すごくないですか?
これ「平均」ですよ。

勤労世帯の話ですが、夫のみ、共働き、単身を下表に並べてみました。

日本人の平均的な家計収支(2016年・円・月次)

区分 2人以上(夫のみ) 2人以上(共働き) 単身(勤労)
実収入 498,019 601,524 308,892
可処分所得 400,280 491,058 254,877
消費支出 302,894 331,872 171,455
非消費支出 97,739 110,467 54,015
平均消費性向 75.6% 67.5% 68.4%
黒字 97,386 159,186 83,422
黒字率 24.3% 32.4% 32.7%

どうですか?
まぁ、こんなものですか?
貯金・節約ブロガーさんたちは、凄腕だから、この数字はぬるく感じるのかしら?

早期リタイイーにたまに見かける「年間100万円生活」のレベル感を把握するために調べたのですが、この数字をみて、サクッと諦められました。苦笑。

ついでだから、内訳も貼っておきますね。
興味があれば↑の原本を当たってくださいね。

夫のみ有業の世帯の家計収支より引用、external link、page 36-37
夫のみ有業の世帯の家計収支より引用、page 36
夫婦共働き世帯の家計収支より引用、page 37
夫婦共働き世帯の家計収支より引用、page 37

支出の部分だけ抜粋(2016年・円・月次)

区分 2人以上(夫のみ) 2人以上(共働き) 単身(勤労)
消費支出(月) 302,894 331,872 171,455
非消費支出(月) 97,739 110,467 54,015
支出合計(月) 400,633 442,339 225,470
年(月x12) 4,807,596 5,308,068 2,705,640

早期リタイア後の年間支出を予測する際には、「社会保障給付金」を貰っていない勤労世帯の家計収支を参考にするのが良いと考えています。

「社会保障給付金」の中には様々な給付金がありますが、年金も含まれています。

single-pentioner-household-2016
総世帯及び単身世帯の家計収支(PDF:68KB)より引用、Page 43

一概には言えませんが、昨日の記事「日本人の平均的な”老後資金”は1,300万円」にも書いた通り、現在の高齢者が準備しておくといいだろうと思われる老後資金は1,300万円~2,000万円ですが、将来的にこの水準を保てるか分かりませんし、早期リタイアすると年金を収めている期間も短く更に期待薄です。

どうもセミリタイア村の皆さんほどは楽観的にはなりきれず、くすぶっております。

投稿者: のろのろ

海外赴任中で、社畜で、早期リタイア志望者で、ゲーマーで、トレッキーに片足突っこんでいる、SF好きの、雑記ブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください