【ネタバレなし】アサシン クリード、レビュー

3.0

UBIsoftの人気ゲームシリーズの実写映画版『アサシン クリード』のネタバレなしレビューです。

ひっどい作品だったんですが、ゲームの実写化だからではなくて、おそらく脚本と監督のせいです。

基本情報

原題Assassin’s Creed
邦題アサシン クリード
タイプSF
公開日2016年12月21日
監督ジャスティン・カーゼル
脚本マイケル・レスリー
アダム・クーパー
ビル・コラージュ
原作者ユービーアイソフト
おすすめ度3.0 (1~5点)

トレーラー

映画「アサシン クリード」予告B

あらすじ

カラム・リンチは、死刑囚だったが、刑は執行されたことにして、過去の情報の一切も抹消され、ソフィア博士の研究施設で目を覚ます。

彼女の目的は、アサシン教団の子孫であるカラムの中の500年前の記憶から、伝説の「エデンの果実」のありかを探すため。そしてカラムは「アニムス」という装置に繋がれ、遺伝子の記憶をたどり、15世紀のスペインに生きたアギラールの記憶を体験していく。

脚本、世界観

ゲームだからね、謎を解きながらストーリーを進める構成は、自然だよね。だとしても視聴者に不親切な作りです。

おそらく核となるストーリープロット(アイデア)は、悪くなかったんじゃないかと感じられる展開なのですが、脚本がチグハグで「映画見たことないのかな?」レベルに厳しかった。

最後まで我慢してみれば、全部解けるのかと思いきや、上手く繋がっていなくて、首をかしげました。

3人で書いたのが裏目に出たのか、キャリアが浅い人たちにお願いしたのがダメだったのか…

多分、この人達、次の仕事来ないな…っと陰ながらお気の毒に思っちゃったりしたレベルです。

登場人物

主人公のマイケル・ファスベンダーは、『Xメン』シリーズの若マグニート役をはじめとして常に「なんかちがう」感が漂う不思議な俳優さんです。今回のマッチョな役も似合っていたんだけど「なんかちがう」って感じかも。

マリオン・コティヤールやジェレミー・アイアンズなどの有名俳優もそれなりにいたのですが、全体的に不有名な俳優さんが多かったカモ。でも、演技が悪いんじゃなくて、台詞とトーンがチグハグで、顔合わせもしないで、ぶっつけ本番で撮影したんじゃないかと疑っちゃいます。

アクション、笑い

アクションは、カッコイイと言っていいと思います。うん。

まさにゲームみたい。

でも、本当の『アサシンクリード』で落ちたら死ぬな…っとか、これ被弾したら死ぬな、みたいなところで耐えてるんだけど、あれは、どうなんだろうね。

映像美

脚本がヒドイだけならまだ良かったんですが、本作は映像もキビシイ。過去のシーンは埃っぽくて見ているだけで咳が出そう。

じゃ、なかった。

埃でCGIの粗を隠している感じ。よくあるよね、雨のシーンにしたり、夜景にしたりしてCGIの拙さを誤魔化す手口。これが低予算映画ならまだ納得できるんですが、予算はフツーに1億2千万ドル以上あったらしいですぜ。

お金、どこに消えたの?

有名俳優勢ぞろいって感じの配役でもないし…

ほんと、お金、どこに消えたの?

「え、誰?」みたいな監督を使うなら、フランシス・ローレンス監督にでも頼んどけば、もっと豪華な役者で、もっとベテランの音楽担当で、かなりクリアでカッコイイCGIを作ってくれたんじゃないかな…

音楽

音楽担当は、監督と同じ苗字だから、兄弟とかそんな感じ?

お金…

感想

二転三転するストーリーにしても、ゲームから引き継げる世界観にしても、いい素材がだっただろうに、なんでこうなった?っと、レビューを書きながらあんぐりしちゃう作品でした。

ただ、素材は良いので、B級低予算映画だと思い込んで観れば、別に悪くはない作品です。

もったいない。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました