イギリスに引っ越して、Appleのアカウント設定を変えたという事は、日本に戻る時に再度変更しないといけないという事なので、こんなところにメモメモ。

Apple WatchでApple Payを使おうとしたら、HSBCのデビットカードが登録できず、Appleアカウントの設定変更を行いました。

エラーメッセージ、メモ

エラーメッセージは、下記のとおり。

Apple Pay, error message

Could not add card
Try again later or contact your card issuer for more information.

Apple Pay設定時のエラーメッセージより

※British AirwaysのAmerican Expressのクレジットカードなら変更不要でした。

設定変更が必要なカードの例

HSBCのVisaのデビットカードでは下記の設定変更が必要でした。

iPhoneの言語がEnglish (U. K.)

Settings→General→Language and Region→iPhone Language

iPhoneのリージョンがUnited Kingdom

Settings→General→Language and Region→Region

Apple AccountのRegionがUK

Settings→iTunes and App Store→Apple ID: (アカウント名)→View Apple ID→(sign in)→Country or Region→Change Country or Region→UK

Apple Accountの言語がEnglish (UK)

Settings→iTunes and App Store→Apple ID: (アカウント名)→View Apple ID→Apple ID→Manage your Apple Account→Account→Language→English (UK)

Apple Accountの支払口座がUK

Settings→iTunes and Apple Store→Apple ID: アカウント名→View Apple ID→Account→Payment information

これ、辛抱強く試してくれたHSBCのApple Pay担当の方に感謝!

帰国後すぐにiPhoneが必要になるかも?

イギリスではiPhoneでの2重承認を登録しちゃっているから、出国前に全てキャンセルしておかないと日本帰国後にイギリスのiPhoneに承認確認を送られると、承認する術が無くなって、大変なことになりそう。

スムーズに引っ越ししたいなら、日本のiPhoneとイギリスのiPhoneの2つもちの期間を作った方がいいカモ?

itunesで買ったものが多くないなら、いったん閉じてもいいかもしれませんね。

うー。

面倒くさそうだぞ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿者: のろのろ

ゲーマーで、トレッキーに片足突っこんでいる、SF好きの、雑記ブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください