スタートレックディスカバリーに出てくるレッドエンジェル、エネルギーの塊の6枚羽(セラフィム階級)に見えていたのですが、セカンドシーズン第7話で「人型で未来的なスーツを着ていた」ということなので、もちょっと低い階級かもね…

などと、しぶっちぃことを考えてしまう、社畜メンタリティーとゲーマー知識が染みついている自分にため息がでました。

社畜目線の「天使」の階級

RPGゲーマーって、知らないうちに海外の世界観を知識として蓄えてしまっていたりします。

このためか「天使」と聞くと、ふんわりとしたキレイで可愛い存在というより、宮仕えの息苦しさを感じてしまうんですよね…

「天使」って何気に9階級もあるんですよ。社畜目線に置き換えると、下の様なイメージ。

代表取締役Seraphim (熾天使)
取締役Cherubim (智天使)
執行役員Thrones (座天使)
部長Dominions (主天使)
次長Virtues (力天使)
課長Powers (能天使)
係長Principalities (権天使)
主任Archangels (大天使)
平社員Angels (天使)

どう?

憧れないでしょ?

いや、昇進を目指しているタイプの会社員だと、違和感がないのかな?

早期リタイア≒堕天?

昔のRPGのラスボスといえば「魔王」。魔王といえば、サタン。サタンと言えば、堕天使ルシファー。

ルシファーは、元々の天使の階級でいえば、最上級の「セラフィム」。神の世界のエネルギー体で、6枚羽。

これがスタートレックディスカバリーのレッドエンジェルのイメージにも重なっていたので、冒頭の様な感想になったのです。

ともかくも、「天使」が堕天すると「悪魔」になります。「会社員」は早期リタイアすると「無職」になります。

ということは、早期リタイア≒堕天?

なんか堕天した天使の気持ちがわかるかも。

階級のない世界

ところで、魔界の良いところって、堕天した後は元の階級がなんであれ、しがらみ無く他の悪魔に溶け込んでいそうなところ。

はじまりの街のスライムみたいなカワイイ系モンスターから元最上級天使(魔王)に至るまで、自分の生態に適した、住みやすいところに種族に関わらず共生して暮らしているイメージ。

元・平社員でも、元・代表取締役でも、元・経営者でも、リタイア後は「無職」に並ぶのに近いかも?

はぁ~。

早く「無職」になりたいな~。

投稿者: のろのろ

ブログのカスタマイズをしては、備忘録を書いています。2017年4月にワードプレスデビューし、試行錯誤しながら寝落ちする感じのへなちょこブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください