“AMPのページリダイレクト”は、バックスラッシュをつけない

404エラー処置で、”AMPのページリダイレクト”を設定する際は、最後のバックスラッシュをつけないで設定しないとリダイレクトが効かないみたいです。

今まで気にしたことがなかったのですが、URLの最後のバックスラッシュ/は、あるのとないので、意味がちがうそうです。

※AMP(=Accelerated Mobile Page)

バックスラッシュありは、ディレクトリ

バックスラッシュがある場合はディレクトリを示し、バックスラッシュがない場合はファイルを示すそうです。

ディレクトリは、同名のフォルダの中に格納されており、
ファイルは、フォルダの中のファイル。拡張子はhtml。

ワードプレスだと、ページごとにフォルダがあるので、普通のページならバックスラッシュ/をつけて、拡張子.htmlをつけないで、リダイレクトを設定しても、判別・転送可能。

AMPはディレクトリをプラグインでAMP化しているわけで、固有のディレクトリを持っているわけではないので、バックスラッシュ/をつけると、存在しないディレクトリへの転送ができず、転送エラーになる。(?)

現象として、

https://noronoron.com/customize-memo/india-cow-elephant/amp

というページを

https://noronoron.com/temple-elephant/amp

というページにリダイレクトする場合は、バックスラッシュ/なしで登録しないとリダイレクトがかかりません。

AMPのPはページで、ディレクトリではありませんし、バックスラッシュがない状態でリダイレクトをかけなければならない。ふむ。

体感して知っているものの、頭はイマイチついていけていない感じ。

とりあえず今後は素直に/なしで登録します。

ちなみに、携帯ページの/?m=1、スマホページの/?sp=1みたいに、/?amp=1が使えるっぽいですが、これらも異なるCSSを見に行っているだけで、デスクトップ版と同じディレクトリに属しているページということかな。

普通のページでも起こりえる転送エラー

例えば、カテゴリー名「wordpress」というページ(ディレクトリ)があるにも関わらず、記事のスラッグを「wordpress」としてしまうと、

https://noronoron.com/wordpress/

という/ありのカテゴリーと、

https://noronoron.com/wordpress

という/なしのページができる。

基本的に、ロボは粛々と違いを見分けるが、たまに混乱することもあるから、カテゴリーに使ったスラッグは、ページに使わない方がいい。
みたいな感じで理解しました。

謎はのこる

混乱するのは、上記のようにリダイレクト元のページは、バックスラッシュをつけないで登録しないと上手くいかないのに、ランディングした後のURLはバックスラッシュ付きで表示されていることです。

なぞ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。