“語学留学”は、イギリスか?、アメリカか?

“語学留学”なら、アメリカじゃない?と答えたら驚かれました。

イギリス駐在員からの答えは、イギリス押しだと期待していたようです。”ギャップイヤー”ならイギリス押しですが、”語学留学”はアメリカがいいんじゃないかな?

語学留学なんだから、語学のしあがりでオススメを決めた方がいいかな?っと思ったまでです。

英、米を問わず、ローカルの訛りに影響を受ける

私はイギリスで英語が話せるようになったのですが、顕著なイギリス訛りはありません。
中国に住めばその期間は中国訛りの英語、
インドに住めばその期間はインド訛りの英語、
イギリスに住めばその期間はイギリス訛りの英語、
っといった風に変化していきます。

なぜそうなるかというと、そうしないとローカルで通じないからです。
インドでは、何度もインド人から「貴方の訛りはキツくて理解できません。」っと、言われました。
あなたがそういう??っと思いつつ、インド風に話すと通じるのです。

私が素で話すと、ネィティブには通じますが、日本語訛りの英語ではないけれど、決してネィティブではないっという微妙な訛り方をしています。

そんな私が憧れるのが、アメリカ訛りの英語です。

アメリカ訛りが日本人にとっての英語

アメリカ駐在員の英語って、本格的な響きでカッコいい感じがします。
弟が、それです。

一時帰国なんかの時に、私が実家で電話会議に参加してもスルーな両親が、
弟が電話で英語を話していると「おぉ〜!」っとなるぐらい、
インパクトが違う模様です。

中国もインドも知らない、米語だけで育った耳。
羨ましすぎる。

だから、「語学留学」なら、日本人にとっての「英語」のイメージ、アメリカ訛りがオススメです。

イギリス英語も悪くはないけど、認知度が低くて、「おぉ〜」って感じになりませんよ。
もともと英語好きな少数派が、「イギリス英語」に反応するぐらいです。

単語や言い回しも、イギリスとアメリカでは結構ちがいますから、アメリカ標準だと後が楽そうな気がします。

今は、米ドルがめちゃ強みたいですから、お財布には優しくないかもしれませんが…

投稿者: のろのろ

ブログのカスタマイズをしては、備忘録を書いています。2017年4月にワードプレスデビューし、試行錯誤しながら寝落ちする感じのへなちょこブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください