Categories
雑記

「左利き」は年を取ったら「両利き」と化してる

両利きは「ambidextrous」で、作業によって使う手が変わる場合には「cross-dominance」というらしいですね。遺伝的には10%の左利きの内、一生涯「Lefty」を突き通せる人って何%ぐらいいるんでしょうね?

「左利き」は10人に一人らしいです。そして左利き遺伝子なるものがあって、脳の構造もちょっと違うらしいです。

参考資料:BBC、「左利き遺伝子」を発見、脳の構造に影響も

子供の頃(今でもちょっと)は、右と左をいつも混乱していました。

10代の頃は、自分の不器用さにあきれることがありました。

20代になって、気付いたら不器用じゃなくなってました。

30代になって、「両利きですか?」と聞かれるようになりました。

どんな時に聞かれるかと言われると…

ホワイトボードの右側に立ったら左手で文字を書き、左側に立ったら右側に文字を書いていた時。

字なんて滅多に書かなくなりましたが、紙に書くときは巧拙が目立ちますが、ホワイトボードはどっちの手で書いても書きにくいから、どっちで書いても一緒です。

右手でマウスを操作してネットしながら、左手でご飯を食べていた時。またはその逆。

個人的に難しいのは「お箸」だな。

ペンの場合、操作の範囲が狭いけど、お箸だとつまんでから口に運ぶまでのムーブメントが大きくて、苦手です。

現在海外生活中で「フォーク」がメインなので、楽勝です。

日差しが眩しいから、太陽から背を向けるためにマウスを左側に移して、フォークを右に持ち替えたら「え?、それスイッチ可能なんですか?」っと驚かれました。

あと、左利き用のマウスとやらを左手で使ったら、使いにくくてビックリしました。右利き用のマウスを左手で使うと不便なの?

人が左側に立っている時は右手でお湯を注ぎ、右側に立っている時は左手でお湯を注ぐ。

イギリスのケトルでマグにお湯を注いだり、コーヒーを継ぎ足したりするときは、相手がいない方の手で操作します。

これが同僚的にはツボだったらしく、1週間毎日立ち位置を変えて実験していたらしいです。

「ホントにどっちの手で持っても同じ事なんだね!」っと笑っていました。

ドアは開放側と反対側の手を使う

これは説明を聞いてもよくわからなかったんですが、右利きの人は、右手でしかドアを開け閉めしないと言われました。

流石にそれはないでしょ?

ある?

いや、わからん…

9割が右利きの世界で「左利き」を突き通すのは大変なことで、いつの間にか両利きっぽくなったんでしょうかね?

因みに、両利きは「ambidextrous」で、作業によって使う手が変わる場合には「cross-dominance」というらしいですね。

遺伝的には10%の左利きの内、一生涯「Lefty」を突き通せる人って何%ぐらいいるんでしょうね?

私は、断念しましたが…

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.