自己目的化というのは、手段の改善などが目的化して、本来の目的が失われたり、逆行してしまったりする事です。

ブログでカスタマイズにハマって全く記事を書かなくなったりね。これは余裕があるからこそ許される贅沢です。

逆に言うと、目的というのは、余裕がないから必要なのかも?

「自己目的化」に陥りがちな自分を諫める

目的を忘れ、手段の研鑽にハマってしまう事ってありませんか?

例えば、配当金や売買益を得る目的で行なっていて然るべき株式投資において、利回りやリスクの妥当性を確認する「手段」であるマクロ経済動向や銘柄研究の方に没頭してしまい、肝心の「売買」をおろそかにしてしまったり…号泣。

ブログのカスタマイズにハマって全く記事を書かなくなったり。

RPGのレベル上げが楽しすぎて、ラスボスを倒すのが億劫になったり…

こういう目的を見失いやすい自分にがっかりしてしまいます。

「目的」という高尚な何か

投資はもともと利益を得ることが「目的」だからそれをしないのは私がダメ。

早期リタイア界隈では、収益化を「目的」にブログを書き始める人がかなり多い印象。呑気に趣味ブログを書いている自分が愚かなように感じてしまいます。

大多数が趣味として楽しむだけのRPGゲームでさえ、最近はyoutubeで収益化を試みる人が増えてきています。

何をするにしても「目的」を持って、ゴールを目指していないとダメな気がしてくるのは、職業病なのかもしれません。

しかし、どうも、窮屈ですね。

趣味に走るという贅沢

「目的」なんて窮屈なモノを忘れて、趣味に走ることができるって、優雅で憧れです。

もしくは「目的」を持ちながら、そこから逸脱して「自己目的化」に走る余裕を持てるのは、なんとも贅沢ですね。

投稿者: のろのろ

ブログのカスタマイズをしては、備忘録を書いています。2017年4月にワードプレスデビューし、試行錯誤しながら寝落ちする感じのへなちょこブロガーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください