最新記事

  • ワードプレス、”記事のパーマリンク”は早めに定めること パーマリンクとは… ページのURLのことです。 記事ならサイトURL/記事名/、カテゴリーならサイトURL/カテゴリー名/、タグならサイトURL/タグ名/などとページのタイプによってカスタマイズ方法が異なるのですが、今回は”記事のパーマリンク”に限定して話を進めます。 ワードプレスでは、設定→パーマリンク設定→共通設定で好みの型を決めることができます。 詳しくは、Wordpress Codex(日本語版)「パーマリンクの使い方」をご覧くださいませ。 これまで、いろいろなブログサービスを使ってきましたが、ワードプレスの”記事のパーマリンク”の設定が最も自由度が高く、便利です。 使いやすい順に、ワードプレス、Seesaa、Blogger、FC2と言ったところでしょうか? ワードプレスでは、日本語のパーマリンクも設定することができます。というか、設定を↑にして、ほっとくと日本語になっています。私はこれを英語に変更する際に、2度目の大量404をくらいました。 “記事のパーマリンク”初期状態 初期状態では、サイトURL/投稿年/投稿月/投稿日/ページタイトルでした。 しかも日本語でした!っと、どうでもいいところで感動しています。 ちなみに、 Seesaaでは、サイトURL/article/自分で設定(もしくは自動・記事タイトル)。 FC2では、エントリー番号。サイトURL/blog-entry-番号一択、変更はできません。 BloggerではサイトURL/年/月/自分で設定(もしくは自動・ランダム)でした。 “記事のパーマリンク”の型は、初期に定めるべし! はじめはサイトULR/article-%post_id%/%postname%/っと設定しました。 しかし、記事番号があまりに飛び飛びになるので、設定を「投稿名」へ変更したのですが、URLが変わったことで、サーチコンソールにて404が大量に出ているとの警告がありました。恐怖です。 自由度が高いことは非常に好ましいことですが、サイトに大きな影響が出ますから、初期に定めて、変更を行わないようにすることが肝要だと、痛い思いをしました。
  • ワードプレスの初期設定、サイト名、キャッチフレーズ、日付・時刻 take a walk in oxford 16-9ワードプレスの初期設定メモ。サイト名、キャッチフレーズ(サイト紹介文)、日付と時刻は拡張性を考慮し、ISO 8601形式のyyyy-mm-dd(日付)、hh:mm(時間)型を選びました。
  • ワードプレス、「サイト言語」がlang属性と連動 take a walk in oxford 16-9ワードプレスの「サイト言語」は、html宣誓文のlang属性と連動しています。私の場合、初期状態では、宣誓文の初期状態は「html lang=”en-GB”」でした。これを変更すると、Dashboardに日本語版のワードプレスへの更新が可能になりました。
  • 捨てて、捨てて、捨てまくった、夢を見た Big-Ben-and-the-Houses-of-Parliament 16-9なんだか必死でモノを捨てた夢を見ました。久しぶりにガッツリ悪夢をみました。半ベソで黒いごみ袋に手当たり次第にモノを詰め込んでいる自分を気の毒そうに見ている夢。大分追い詰められていました。ミニマリストブログに刺激を受けすぎているようです。
  • 祝!100記事、日記と雑記の違い take a walk in oxford 16-9ワードプレスのブログ記事が「100記事」に到達しました!当ブログは、日記ではなく、雑記にする。そう心に決めています。といっても、ウチはゆるいので、その差はシンプル。日記は、Daily Journalの感覚で「日付」を、雑記は、Noteの感覚で「主題 (subject)」を表題とする。

筆者のリライト宿題

  • スランディドノ (ウェールズ)、不思議の国のアリスが生まれた場所。 “スランディドノ”(Llandudno)は、北ウェールズの有名な避暑地です。不思議の国のアリスの物語は、ここで避暑中に生まれたそうです。 街の中にウサギの銅像などをはじめとする、アリスのキャラがチラホラ見受けられます。 白黒じゃないのに、ちょっと白黒っぽくなってしまった写真です。

本日もよい一日をお過ごしくださいませ。