最新記事

  • イギリスでの「生ごみ」(Food Waste)の捨て方 UK south coast 16-9イギリスというか、オクスフォードでは、ゴミを3種に分類します。ゴミ箱の色が決まっており、 生ごみ は濃い緑もしくは赤色、リサイクルは紺色、その他は薄い緑色に入れておくと、それぞれの回収担当が決められた曜日に取りに来てくれます。
  • イギリスの”キズパワーパッド”的なもの 絆創膏は英語でPlaster、米語でBandage。「絆創膏でも貼っときな!」っは、”put a plaster on”です。何故か江戸っ子口調… 最近は絆創膏もハイテク化して、湿潤治療の絆創膏が出ていますよね。キズパワーパッドの様な湿潤治療の絆創膏は、英語で”Hydrocolloid Plaster”です。 絆創膏は英語でPlaster、米語でBandage 一昨日それはもう派手に転びました。周りが寄ってくるくらいに派手に…涙。 何時だったか日本に帰った時に友人がくれた湿潤治療の絆創膏(↑写真右)がとても気に入っております。普通の絆創膏は、イギリスではPlasterですが、「湿潤の」を英語でどう言ったらいいかわからなかったので、写真に撮ってみたものの、包装に名前が書いていませんでした。 イタイ。 このメーカーの商品名は、”キズパワーパッド”という名前らしいです。 キズパワーパッド™って? 湿潤治療だと傷跡が残りにくいと友人が言っていました。 このキズパワーパッドをいただいた時に何を怪我したのか覚えておりませんが、靴擦れかペーパーカット的なものじゃないかと思います。傷跡が残るようなものではなかったので、その成果を確かめることができないままでした。 その時は、常に絆創膏を持ち歩いている友達にほれぼれし、しかも太っ腹にその時に持っていた分を全部くれた事をよく覚えています。 湿潤治療の絆創膏は、英語でHydrocolloid Plaster 派手に転んだため、膝が痛々しい感じになっています。というか、痛いです。 これは、「湿潤治療タイプ」の絆創膏の出番じゃ! っと、帰宅の途で、同じものをスーパーに買いに行ったのですが、売っていません… スーパーをハシゴしましたが、Johnson&Johnsonを見かけません。仕方がないので、翌日ドラッグストアへ行きましたが、やはりJohnson&Johnsonの絆創膏を置いていません。 仕方がないので、お店の人に聞いたところ… 湿潤治療の絆創膏は、Hydrocolloid Plaster (写真中央、£3.99、普通サイズ16枚)。 消毒綿は、Wound Cleansing Wipes (写真左、£2.19)。 3 for 2キャンペーンプロダクトなのでBoots製品をもう一つ買うと、一番安い3番目の製品が無料になるよ!っと、お店の人がお得情報を教えてくれたので、Blister Plasterも買いました。 Blisterは水ぶくれのことで、靴擦れなどの水ぶくれができている時に、その傷を更なる摩擦から守る(フカフカ付き?)タイプの絆創膏がBlister Plasterです。 (写真右、£3.29、大き目、5枚入り) 絆創膏って、高いですね!ビックリ!
  • 中国茶、小青柑 xiaoqinggan-dry「小青柑」に初挑戦してみました。「陳皮プーアル」に似ていますが、陳皮は熟れたミカンを干したもの、小青柑は未熟なミカンを干したもの。淹れ方や飲める回数も違うようです。
  • Yoga910 を選んだ理由と使用歴2か月のレビュー take a walk in oxford 16-9Yoga910 (4Kモデル)を買いました。比較対象は、DynabookのVZ72とSurface Pro (第5世代)でした。選定理由とレビューを書いてみました。Chromeでクラッシュしたり、フリーズしたり、遅かったりしますが、クレームできるほどではありません。
  • イギリス人は「湯たんぽ」が大好き! hot water bottle「湯たんぽ」は英語でいうと、Hot Water Bottleです。 まんま、ですね。笑。 イギリス人的には「湯たんぽは、イギリスっぽい」と思っているようです。 会社に持ってきて、温まっている社員がいるぐらいですから、普及度というか、浸透度はイギリスの方が高いのかも。

筆者のリライト宿題

  • スランディドノ (ウェールズ)、不思議の国のアリスが生まれた場所。 “スランディドノ”(Llandudno)は、北ウェールズの有名な避暑地です。不思議の国のアリスの物語は、ここで避暑中に生まれたそうです。 街の中にウサギの銅像などをはじめとする、アリスのキャラがチラホラ見受けられます。 白黒じゃないのに、ちょっと白黒っぽくなってしまった写真です。

本日もよい一日をお過ごしくださいませ。