最新記事

  • 記事に自動で目次を入れてくれるプラグイン”TOC+”に感謝! すご~い!の一言です。ブログのライティング支援のために、目次プラグインのTable of Contents Plus (=”TOC+”)をインストールしてみました。このプラグイン、記述中に何もしなくても完璧な目次を作ってくれます!それはもう感動しました。 Table of Contents Plusだらけ ウィキペディアやW3Cの目次って、すごく似ています。そしてどれもソースデータにはTOCと書いています。Table of Contentsという表現自体は、汎用的なので全く同じものではないかもしれませんが、まさに私がこのプラグインを探し当てたワードです。 みんな同じプラグインを使っているのか?、偶然の酷似なのか??、不思議です。 そしてこの目次作成プラグインの「Table of Contents Plus」もその流れを受けてか、同じものなのか見た目がそっくりです。 別に困りませんけれどね… “TOC+”の設定-1、表示条件など メニューの設定→TOC+→基本設定にて設定します。 目次は記事編集画面には現れません。設定でその表示条件、位置、ルールなどを決めます。 位置は、記事の頭、最初のパラグラフの後、最初の見出し(h2-h6)の後などを選べます。リード文の後(最初のパラグラフの後で最初の見出しの前)に入れるスタイルが最も記事が書きやすいので、デフォルトに従いました。 表示・非表示を、スイッチのように選べるのではなく、一定条件を満たしたときに自動で表示されます。 階層表示は、h2、h3、h4と下がっていくにつれてインデントを効かせて表示してくれます。 “TOC+”の設定-2、外観など 外観は少々変えました。素晴らしいプラグイン過ぎてみんな同じものを使っていますからね。チョットは変えないと。笑。 プレゼンテーションでカスタムを選ぶと、線や背景や目次タイトルの色を変更することができるようになります。 “TOC+”の設定-3、除外条件など 上級者向けでは、唯一”除外条件”を設定しました。見出し(h2-h6)を自動判定して目次を作るので、ソーシャルメディアのシェアボタンや関連記事の見出しまで認識して目次に入ってしまいます。それぞれの見出し内に使われている文言をフィルターして含めないように設定しました。 プラグインの編集でコードを修正 もう一か所、プラグインの元コードを修正したハズなのですが、何をしたか忘れてしまいました… カスタマイズ履歴はすぐに書かないと、本当にすぐ忘れちゃいます。うーん。 何もしなくても目次が入る! 先にも書きましたが、一旦設定が終わると、後は自動で目次を入れてくれます。 ワードプレスのプラグインにはいつも驚嘆させられますが、このプラグインは本当に便利です。 さらに、何もしなくても目次にIDが入る!! さらに便利なのは、見出しにidが振られることなんです! これがどう便利かというと、別の記事を書いていて、記事の特定の場所に内部リンクを貼りたい場合、idでアンカーをつけないといけないのです。それが自動生成されるので、見に行ってそのままコピペできます。 idは1つのページに一つまでしか持てないので、重複しないように適当なidを考えるのが何気に面倒なんですよね… どうやら英数字がある場合はそこから適当に拾っているみたいです。ない場合は数字でつけているようです。 こんなプラグインのコードを自分で書けるようになったらすごく楽しいでしょうね~
  • 「自己目的化」という贅沢品 take a walk in oxford 16-9自己目的化というのは、手段の改善などが目的化して、本来の目的が失われたり、逆行してしまったりする事です。ブログでカスタマイズにハマって全く記事を書かなくなったりね。これは余裕があるからこそ許される贅沢です。逆に言うと、目的というのは、余裕がないから必要なのかも?
  • 退職後やりたい100のこと、「投信」を買ってみたい take a walk in oxford 16-9投資売買歴が短すぎて、 投信 (=投資信託)を買ったことがありません。株式投資→株式信用取引→投信→FX→その他商品というような流れで範囲を広げながら、初心者からベテランへと変わっていくイメージでした。個別株式とは別の戦術をとれるので、早期リタイアせずとも日本へ本帰国したら買ってみたい投資商品です。
  • 退職後やりたい100のこと 、My”ハーブガーデン”(主に食用) 日本に本帰国して早期リタイアした暁にはぜひ”ハーブガーデン”を作って、自分で育てたい!なんて考えています。 外国暮らしだとハーブを使った料理に親しみます。最近は日本でも生ハーブを売っていて、料理に使いやすい環境が整いつつありとても喜んでいるのですが、値段が高い!のです。 生ハーブ(フレッシュハーブ)が大好き! 乾燥ハーブも悪くはないけれど、やっぱりフレッシュハーブは香りがフレッシュ! ヨーロッパのどこぞの森に散歩に出かけて、ハーブを含む野草を摘んで、夕食にいただくのって、憧れです。 但し、現状、森の近くに住むのは夢のまた夢。そんなことが出来たらいいな~っとは思いつつ、スーパーで買っています。 帰国後は値段が高すぎて今ほど頻繁には買えないでしょうね… 実家の”ハーブガーデン”は鉢植え 私が最も多用するハーブは、ローズマリーです。実家の庭にもありましたが、茂りすぎて父が伐採してしまいました。 帰宅したら玄関わきのローズマリーをひとなでして、香りを楽しみながら手を洗うのを楽しみにしていたのに…(すぐ洗うけど) 今は鉢植えにこじんまり収まってしまい、料理に使うと枯れてしまいそうです。仕事を辞めたら2平米ぐらいのローズマリー専用区を作って、年賀年中ローズマリーを楽しむのじゃ~っと意気込んでいます。 この他、夏になると母がプランターやトマトとトマトの間にバジルを育てるので、これも楽しみ。 父はセージやミント系を植えて楽しんでいるみたいですが、気分によって入れ替えが行われるようです。 盛りすぎたローズマリーに懲りたのか、すべて鉢植えです。 私はコリアンダー系に挑戦するのもいいかもしれません。大葉、子ネギ(Chives)などもいいですよね~。優雅~。 夢が膨らみます。 ハーブティーもいいよね “フレッシュハーブ”でGoogle検索すると、上に書いたような料理用・調味料ハーブよりも、ハーブティーの方が人気の様です。 日本人おしゃれだね。 英語圏だと、料理用・調味料が圧倒的に多い気がします。食い気! ローズティー、タンポポ茶、レモングラス茶、菊茶などなど、自分で育てて、自分で飲むって、楽しそうです。 しかし、飲用はスーパーで買った方が安いような気がしてなりません。 やはり最終的には、ケチ心に動かされているのかもしれません。 実家に居座る気か?? 家の東側には、日当たりいまいちの7平米ぐらいの花壇があって、現在、金木犀や梅などの木が植えられています。このエリア、仕事を辞めて実家に戻ったら、私の好きにして良さそうな雰囲気でしたので、日当たりが悪くても大丈夫なハーブ園でも作りたいな~っと、妄想しています。 ま、妄想ですけれど、そういうコーナーですから。というか、実家に居座る気満々ですね。ワタクシ。あはは。
  • Twenty Seventeen、ul、olの「リストマーク」をひっこめる take a walk in oxford 16-9ワードプレステーマのTwenty Seventeenでは、ulリストやolリストの「リストマーク」が他の行より左側に出っ張ってしまっていて、気持ちが悪いので、外観→CSS編集→CSS追記にて中にひっこめました。

筆者のリライト宿題

  • スランディドノ (ウェールズ)、不思議の国のアリスが生まれた場所。 “スランディドノ”(Llandudno)は、北ウェールズの有名な避暑地です。不思議の国のアリスの物語は、ここで避暑中に生まれたそうです。 街の中にウサギの銅像などをはじめとする、アリスのキャラがチラホラ見受けられます。 白黒じゃないのに、ちょっと白黒っぽくなってしまった写真です。

本日もよい一日をお過ごしくださいませ。