ようこそ、ウラとボツへ

現在、新テーマ「Twentynineteen」のテスト中です。ご不便をおかけするかもしれません。m(__)m

特にプラグインについては、最終更新日が12月12日以前の記事は新テーマで未テストです。ボチボチ進めます。

テスト環境の「Untold Stories」では、英語環境でよりオリジナルに近い形でテスト中です。

カテゴリー、Twentynineteen記事一覧

    カテゴリー、モンスターハンターワールド記事一覧

      カテゴリー、イギリス記事一覧

        最新記事

        • “ボツ記事”が1,000記事を超えた経緯と危機感 ブログを書き始めて2年、公開済みが953記事なのに、”ボツ記事”が1,000記事を越えていました。 ボツ記事の方が多いって、どれだけ作文が苦手なんだ!?っと、危機感を持ち始めたダメブロガーの反省文です。 “ボツ記事”が1,000を超える 何か思いついたら、Bloggerにメモする。 けれど、仕上げないで放置する。 この繰り返しで、溜まったボツ記事数1,178件。 ダメダメですね。 完成して公開している記事数はメインブログを合わせると953です。 ボツと公開が半々ですね。 ボツ記事が増える理由をぼんやりと考えてみました。 ボツが溜まる要因1、収益化を試みていない Googleで、「1,000記事」と検索して驚いたのですが、1,000記事の達成記念記事を書いているブロガーさんはもれなく収益化を目指しているようでした。 継続が難しいと言われるブログで1,000記事を仕上げるには、毎日書いて3年弱ですから、普通はその過程で収益化を考える時期がくるのかもしれません。 もし私が、収益化を目指していたら、記事を仕上げることが収益の起点ですから、”ボツ記事”を1,000以上溜め込むことなどありえないでしょうね。 と、いうわけで、要因の一つは仕上げるモチベーションに欠けるという点です。 私も収益化を考えないではないのですが、そのモチベーションは、新たに発生するカスタマイズタスクが楽しみだという部分です。 グーグルアドセンスのライセンス承認、広告を貼るためのテーマ・テンプレートカスタマイズを試してみたい。そこにつきます。 ある時、ふと思い立って、アマゾンアソシエイトを申し込み、広告を貼ってみたのですが、1つ貼って、やり方が分かったら満足して、そのまま放置してしまっています。 単発で試してみたいだけで、ケアする気がないので、今のところパスです。 ボツが溜まる要因2、書くことが苦手 私は、楽しそうに書いているブロガーさんに思わずつられたことがブログを書くきっかけとなりました。つられ笑いならぬ、つられブログです。 迂闊でした。 自分が書くことが苦手で、説明も苦手で、表に立つことも好きじゃないことを忘れておりました。 「楽しそう」パワー、恐るべし。 書き始めてすぐに直面した作文苦手問題を今でもずっと抱えており、書くことがあまりに難しすぎて、逆に辞め時がわからなくなった状態です。 もともと「つられた」だけで目的がなかったブログですが、今となっては「作文力と説明力を上げる」という目的ができたほどです。詳しくは、関連記事「本1冊の文字数は、ブログ”100記事”相当って、それだけ!?」をご参照ください。 逆に、「つられた」のではなく、「主体的に」ブログをはじめた人っていうのは、もともと書くことが好きだったんだろうと推察いたします。 書くことが好きだけど、ボツ記事をため込んでしまっているブロガーさんって、いるのかな? ボツが溜まる要因3、なんでもネタにしすぎ 収益化を目指しているブロガーさんたちは、何らかの専門エリアをもって、「価値のある記事」を仕上げなければなりません。対して私のは単なる作文練習帳みたいなブログなので、ネタはなんでもいいんです。 海外暮らしなので、「スーパーでツナ缶買ったけど、プルトップがなかった。日本凄い」みたいなことでも書いちゃうのが良くないのかもしれません。 毎日どうでもいい刺激が多すぎて、仕上げが間に合っておりません。 ブログカスタマイズにおいては、サーチコンソールの検索ワードを見るにつけ、想定より容易な「基本的な操作」的なものの方が検索需要があるようです。これらの検索需要に従うだけで、何千記事もできちゃいそうです。苦笑。 ネタ切れで困るブロガーさんというのは、よっぽど自分に厳しく、高いレベルを目指しているんだろうな~っと頭が下がります。 いかがですか?、タイトルを見て、パッっと思いついた要因が含まれていますでしょうか? 危機感と対策 ボツ記事に溢れていても困ることは無いのですが、仕掛り→完成が50%以下というのは、流石に生産性が低すぎて危機感を感じました。 それでワードプレスでブログを書き始めるにあたって、これらを仕上げることをテーマとしました。 更にダメ度が上がった気がしなくもありませんが、2年間で癖になってしまった途中放棄・あきらめ癖を治すためのちょっとした工夫と対策です。
        • 文字数的には「本1冊がブログ100記事相当」って、え?、それだけ!? take a walk in oxford 16-9書籍一冊分(普通の厚さの文庫)は、10〜12万文字らしいです。仮によくあるSEOおススメ文字数1,000文字記事を惰性で毎日書くと、3か月ちょっとで100記事、つまり本一冊分の文字数に相当するわけです。え?、それだけ??って感じ。
        • “コピーの最初の段落”って、どこ? (Yoast SEOアドバイス)  Wordpress_Customizeコピーの最初の段落 というのは、「ここ」です。3つの注意点に気を付けながら、記事の書き出しの第一行目にフォーカスキーワードを入れると、「キーワードは、コピーの最初の段落に表示されていません。トピックが明確かどうか確認してください。」というYoastアドバイスがグリーンになります。
        • AMP 紆余曲折を経て、Yoastにランディングしたものの… “AMP”ことAccelerated Mobile Pagesは、ウェブのページを高速化する技術で、スマホで検索した際に稲妻マークがついているページです。 詳細は本場の「AMPについて」が分かりやすいです。 ワードプレスのプラグインでAccelerated Mobile Pages対応 ワードプレスでのAMP化は、プラグインが簡単です。 「Automattic社のAMP」で機能としてのAMP化がなされます。 これにもう一つ装飾やSEO対応の補完的なプラグインを連携させたりしながら機能を充実させていくイメージです。 Accelerated Mobile Pages補完系のプラグインで大失敗 私はこの補完系のプラグインで大失敗しました。初めに入れた「AMPforWP – Accelerated Mobile Pages」というプラグインで大分苦戦を強いらされました。 最終的に「Glue for Yoast SEO & AMP」に落ち着いて、ようやく何とか形になった感じです。 変えたのはCSSぐらいですから、もしかすると、どちらも入れないで自分でボチボチ盛り付けていった方がマシだったかもしれません… 怒りの「AMPforWP – Accelerated Mobile Pages」 最初にプラグインを選ぶにあたって、(私の駐在員歴10年目の英語力で、)このプラグインでAMPの機能・装飾の両方が網羅されているように見えました。 ところが、インストールの最後のステップで、別のプラグイン「Automattic社のAMP」をインストールするように求められ、自力でAMP化しているわけではないことが分かりました。 これ以外のAMP補完系プラグインには、2つのプラグインを連携させて使用することがちゃんと書いてあります。 例えば、YoastのGlue(のり)は、名前からしてAutomattic社のプラグインとYoast SEOをくっつけるイメージですよね。 侵略的なプラグイン 実際の核となる機能は他のプラグインがやってくれている為、エラーは起きません。このプラグインがやっているのは、他のプラグインや他のコードへの干渉です。 このプラグインのレビューの一つに「Doesn’t work, invasive plugin」というコメントがありました。大いに同感です。 個人的には、「The plugin from the Automattic is working, but “AMP for WP” is too invasive.」といった感じでしょうか。 このレビューの人は、すぐに気づいてバックアップを使って元に戻せたらしいのですが、私は気づくのが遅くて、最古のバックアップがプラグインを投入後のバージョンだったので、はじめからやり直しました。がっかりです。 私の場合、妙なコードが吐き出されるので、プラグインを一つ一つ非有効化して調べましたが分かりませんでした。このために、別のアカウントを作って、一つプラグインを追加するごとに吐き出されるソースコードを比較して、このプラグインを突き止めました。 かなり時間がかかったので、ちょっと怒っています。 更に、他のプラグインのコードをカスタマイズしていたら、このプラグインが障害になって実行できないというエラーがでて、強制停止の上、それ以降使えなくくなってしまい、リカバリーすること数回。うんざりしています。 どこまで食い込んでいるのかよくわからないけれど、なんか物凄く侵略しているっぽい印象を持っています。 2017年4月の事ですので、既に改善しているかもかもしれませんが、挑戦する気になれません。 このプラグインを入れるなら、新しいレビューを読んで様子を見てくださいませ。 事前バックアップもお忘れなく。 Glue for Yoast SEO & AMP 「Glue for Yoast SEO & AMP」は、Automattic社の「AMP」と「Yoast SEO」をつなぐ「Glue(のり)」です。 私は、SEOプラグインにYoastを使っているので、これを使って連携することが最もスムーズであろうことは見えていたので、初めからこれにすればよかったですね。 セットアップ方法は、↓のビデオが分かりやすくて、4分30秒でセットアップできます。 AMPの検索結果が、「5分で出来る」とか「30分でできる」とか唄っていたので、動画の再生時間を書いてみました。笑 Accelerated Mobile Pages化手順 「Automattic社のプラグイン」をインストール 「Glue for Yoast SEO & AMP」をインストール 管理メニュー→Yoast ...
        • “キーワード”が、その記事の”核”である ワードプレスのSEOプラグイン「Yoast」には、コンテンツ分析機能がついています。この分析ではページのコンテンツ力を幅広く分析してくれるのですが、よく出てくる12のアドバイスの内、実に半分以上の7件が”キーワード”に関係しています。 Yoast用語では、”フォーカスキーワード”です。 フォーカスキーワードを入れるように促される部分は、記事タイトル、小見出し、URL(スラッグ)、リード文、メタディスクリプション、画像のaltタグなど、そんなにしつこく入れるのか???っと最初は驚きました。 また、自分が選んだフォーカスキーワードが外部リンクに使用されていると、違う言葉に変えるように促されたりもします。 徹底しています。 慣れてしまえば、キーワードが入っていない=脱線している感じがして、つい書き直してしまいます。 Yoastのフォーカスキーワード Yoastのフォーカスキーワードでよく見かけるアドバイスは下図の通りです。 ※研究熱心な方は、「How to use the content & SEO analysis of Yoast SEO」もどうぞ。 「SEOタイトル」というのは、titleタグの事です。タイトル&メタの設定画面で指定できます。最初に入れなさいと位置まで指定されています。 「小見出し」は、h2~h6のヘッディングタグの事です。数まで指定してきます。 「url」は、パーマリンクの設定を日本語かつ投稿名にしないと使えないかもしれませんが、スラッグの部分。 「コピーの最初の段落」は、本文の第一段落。リード文です。 「メタディスクリプション」は、meta name=”description”の部分で、検索のスニペットとして表示される部分です。 「画像のaltタグ」は、画像の説明文で、メディアのページでも編集できます。 「一度も使ったことがありません」まで調べてくれます。似たような記事はサイト内競争になってしまいますね。 「フォーカスキーワードで他のページにリンクしています」というのも警告され、このページのランクを高めたいのであれば、変更することをお勧めします。とのこと。笑。 「キーワード密度」は、2.5%が推奨値の上限(2018年3月2日)で、超えると減らすように促されますが、これはYoastが日本語の文字数を数えるのが下手なので、従ってよいものか不明。 キーワード周りだけで、こんなにたくさん気にするべきことがあるんです。 うぉ~。 めんどうくさっ。 っと、思っておりました。 しかし、黙って従い続ける事1年弱。 今となっては、これを守らないと、記事がぼやけている気がして何やら座りが悪い気分になってしまいます。 “キーワード”は記事の核 明確な主題がある記事は読みやすく、伝わりやすい。 そして、書きやすくもあります。 それがぎゅっと凝縮された「核」がキーワードなんですね。 作文が上手な人たちにしてみれば、当たり前のことなのかもしれませんが、私はこれを体感するまでに1年弱もかかりました。 SEOと文書力向上の関連性 収益化を目指しておらず、SEOに興味がなかった私は、SEO対策が文章力向上につながることに長く気づけませんでした。 サーチエンジンが広告主の満足度が上がる様な良質なサイトについてシャカリキに研究した結果、SEO(=サーチエンジン最適化)の技術と「良い文章を書くコツ」との境界が無くなりつつある感じでしょうか? 面白いですね。

        筆者のリライト宿題帳

        • 祝!300記事、”テーマ”(主題)に沿って書く Penrose_Stairs当ブログ、何気に10,000記事を目標に記事を書いているのですが、やる気があるのか、ないのか、数がこなせていません。 前回の201記事目(9月27日)から300記事目(翌2月28日)まで実に5か月かかっています。この調子だと、10,000記事に到達するのは42年後。 え~。 私、生きているかな?? テーマ記事とブログ村 そういえば前回、200記事目のマイルストーン達成記事を書いた後にもちょっとした危機感を感じて、節約・貯金のテーマ記事を100件ほど仕上げようとしたのでした。 結局飽きちゃって、50記事で断念したものの、その50記事は1か月ほどで仕上げたので、なかなかいい調子だったのです。その調子で書き続けられれば、12年ほどで10,000記事に到達します。 いや、仕事しながら、ゲームしながら、ブログを毎日2記事書くのは至難の業ですから、継続的にやるのはムリとして… 年に数回、テーマを持って、ブログ村で毎日更新しなきゃいけないような気分にさせられながら記事を書くのがよさそうです。 っと、何故か、自分を追い込んでみるのでした。 ブログ村のカテゴリーの一覧を眺めると大枠のテーマを決めやすくていいですね。 “テーマ記事”のいいところ 説明ベタの私がブログを書いている理由は、作文の練習です。 良い文章を書く為には、読者を意識して、満足していただけるように工夫することが最も効果的です。 (当たり前?) 読者を満足させるには、読者が読みたいものを書く。 マーケティング的には、対象の感情に訴求する方向と、対象が受ける実利を訴求する方向があって、いい塩梅に混ぜていく必要があるのですが、当ブログは基本的に検索流入の読者しか来ないので、実利を訴求する方向を重視しています。 しかし、「ウラとボツ」などという変な名前の雑記ブログは、ブログそのものにはテーマがありません。 得られる実利はここにはありません。 せめて各投稿単位でテーマを持って、記事毎に得られる情報を明確にするぐらいの事しかできません。ブログ飯的なダメな例の典型です。 ところがブログ単位でのブランディングをスッパリ切り捨てて、記事毎に一つのテーマで書くことに集中できるようになってから、訴求相手をイメージしやすくなりました。 これがかなり作文の練習になっています。 普通のブログ飯の人たちからすると、目標低すぎでしょうけれど、いいんですよ、マイペースで。 次のテーマは「英語」系 イギリスで海外赴任中なので、ネイティブの英語に触れる機会が多いので、たまに英語記事を書くのですが、これらは競争が激しいのか、検索表示→ページ流入のクリックスルーがかなり低いです。 いつもがっかりするので、あまり書かなくなってしまっていますが、ボツネタがたっぷりあります。 作文練習にはもってこいなので、グーグルの評価を落とすことになろうとも、今回はこれで行きます! またブログ村にお世話になって、毎日更新しなきゃいけないような気分にさせられながら次の100記事を書きあげる心の準備をしております。 ボツネタ消化進捗 300記事達成時↓ 2018年3月1日現在、公開済み300、下書き2,375、全記事数2,675。 200記事達成時↓ 2017年9月27日現在、公開済み200、下書き1,180、全記事数1,380。 100記事達成時↓ 2017年6月10日現在、公開済み100、下書き1,184、全記事数1,284。 ボツネタが爆発的に増えました! 理由はメインブログを引っ越してきたからです。 「外国人ライフ」は、長きに渡りnoindex、nofollowで、閲覧できるけど知る人ぞ知る的なステータスで細々書いていましたが、なんだかFC2ブログにログインするのが面倒くさくなったので、思い切って引っ越し、統合しました。 「ウラとボツ」の品質基準に準拠していないので(←)、すべて下書きです。 ココにも英語ネタがそれなりにあるので、ボチボチ拾っていこうかと思います。 笑。
        • 祝! ワードプレス初投稿 Penrose_Stairs“ワードプレス初投稿”です。 わーい。 ワードプレスに記事を集約 Seesaa、Blogger、FC2でブログを書いてきました。 メインブログカスタマイズ備忘録が邪魔くさくなってきたので、1つのデータベースにボツ記事を集約することにしました。 独自ドメインなのに、ボツネタブログ カスタマイズ記事が豊富なワードプレスに興味があったので、初めて独自ドメインをとりました。 Bloggerのボツネタブログ7つと、Seesaaに書いていた写真ブログ、カスタマイズメモの2つをすべて「開発機」に引っ越しました。 2017年5月28日現在、全記事数1,271、公開済み54、下書き1,217です。あまりに書き散らしすぎて、ボツネタまみれなことを今更ながら少々反省いたしております。これらのボツネタを使って、「仕上げる練習」をしていくつもりです。 「ウラ」というカスタマイズ記事を集めたカテゴリーと「ボツ」という作文練習用のカテゴリーの2カテゴリー構成です。 無料ブログが、メインブログ 独自ドメインをとったのに、メインブログを移管しないというのは奇異に感じるかもしれませんね。 はじめてのブログ、「メインブログ」には思い入れがあるので、これをすぐにどうこうしようとは考えておらず、出来るだけ生きたブログとして残したいと思っています。 2017年4月1日現在、公開済み1、下書き1,261、全記事数1,271。
        • 祝!”100記事”! Penrose_Stairsワードプレスブログで”100記事”完成しました~ 2017年6月10日現在、100記事完成、1,184記事未完成。← それでもまだ、下書きがたくさん残っていますね~。ボツネタ撲滅までの道のりは遠いな~。 2014~2016の手帳の日記 休暇が半月ほどありましたので、その間に手帳の日記も一部、ここに移植しようかなと思って、最初の一冊(2014年7月1日~2015年1月18日)を持ち帰ったのですが、着手したのは、たった1記事(「日本の家計消費動向と黒字率を調べる」)のみです。あとは未着手です。 インド時代に書いたものなのに、内容が投資ネタで埋め尽くされていました。インドネタ、なし。 それってどうなんでしょうね~。 これまでの軌跡 スタートは、2017年4月1日、それから2か月で54記事ほど書き起こしました。 ボツネタの仕上げを始めたのは、2017年5月28日時点で、全記事数1,271、公開済み54、下書き1,217。 休暇を利用して、半月で46記事仕上げました。1日3記事のペースでした。 2017年6月10日現在、公開済み100、下書き1,184、全記事数1,284。