最新記事

  • プラグイン”Redirection”を使い倒して、404エラーの処置 ワードプレスのプラグインの中で、私が必須プラグイン2位に位置付けているのが、この”Redirection“です。 発生した404エラーをすぐに検出し、サーチコンソールのクロールエラーが上がるより早いタイミングで処置ができます。 私の場合、殆どの404エラーの処置が301リダイレクションです。検出ページから直接301リダイレクション設定ページに遷移できて非常に便利です。 Redirectionの3つのお便利機能 私が使っているのは、Redirects、Log、404sの3つの機能です。 Redirectsは、実際の301リダイレクションを設定する機能。Logは、設定されたリダイレクションが実行されたときのログ。404sが冒頭で説明した発生した404エラーのログです。 404sの機能 ツール→Redirection→404sの画面です↓ 404エラーが発生した時間とURL、照会者(参照者)が表示されます。 ここでReferrerに何も表示されていない様に見える部分は、ホバーすると文字が浮かび上がります。 Googleボットだったり、Binボットだったりすることが多いようです。 このページからリダイレクトの設定ができますので、大変便利です。 Logの機能 ツール→Redirection→Logで、リダイレクトのログをとってくれていたのですが、2007年7月30日以降、ログをとってくれなくなったので、再開したら詳しく書きますね。 何にも変わっていないらしいんですけれどね…「Logs not saved」 Redirectsの機能 ツール→Redirection→redirectsの画面です↓ 必要な情報は、リダイレクト元とリダイレクト先のURLだけです。 私は、条件はURLが合致した時、301恒久的なリダイレクトとして、転送するという設定にしているのですが、リダイレクトごとに条件変更ができます。 リダイレクトしないでいいような運用を考える そもそもこんなに無計画にサイト運営しているブロガーは少ないのかもしれません。 ページ削除やURL変更なんてほとんど起きないような運用ができれば、404エラー自体が左程発生しないのでしょうね… もっと計画的に! そうなれればと思います。
  • ちょっとしたストレスケア、「靴磨き」 UK south coast 16-9私にとって「靴磨き」は、ストレスケアです。単純作業なのですが、靴墨のにおいやブラッシングの音と共に、日常の中で日常を離れるちょっとした刺激になります。もしかすると、靴のケアと自分のケアが重なって、自分のケアをしている満足感も得られるのかもしれません。
  • ワードプレスが”真っ白”になったら、即刻cPanel ワードプレスが”真っ白”になって、何もできなくなる時ありますよね。私のケースでは、ほとんどがfunctions.phpを触っている時に起こります。 そういう時は、即刻レンタルサーバー側の管理画面へログインして、コントロールパネルからリカバリーを行うようにしています。 再ログインをしても管理画面から”真っ白” ページの表示が真っ白ならまだしも、ログイン直後の管理画面から真っ白というのは、ワードプレスならではではないでしょうか? 逆に言えば、FC2、Blogger、Seesaaでは、HTMLとCSSはカスタマイズできても、サイトの仕組み自体は既にある枠組みの中に収まっているので、管理画面から触れなくなることはありませんでした。 ワードプレスでも、コードにエラーがある場合、保存できなかったり、ページが崩れていたり、表示されたページにエラーメッセージが出たりのレベルで済むことが多いです。 でも稀に、編集画面にすら戻れない、再ログインしても無意味なレベルに真っ白になることがあります。 そういう時は、即刻、レンタルサーバーのcPanel(コントロールパネル)へ直行しています。 リカバリー1、cPanelでバックアップファイルをリカバリー 私が最も簡単だと思って、頻用しているのは、この方法です。 ただ元に戻すだけ。です。 コントロールパネルの第一画面、メニューの中にBackup Manager→Restore(元に戻す)というのがあるのでそれを選びます。 元に戻せるのは、FileとDatabaseです。Fileがプログラムファイルなどで、Databaseが記事や画像データです。 カスタマイズしている時に問題が発生した場合は、Fileを元に戻せばOKです。 Backup Type: Fileを選ぶ 更新したいファイルのバージョン日付を選ぶ public_htmlを選んで、矢印マーク(下図) 元に戻す先は「current destination」を選ぶ ワードプレスに再ログインする 私の場合は、いつからこうなっているのかわからない出元不明のエラー(プラグインの更新など自分で書いていない更新)をもとに戻すことが多いです。 リカバリー2、コントロールパネルからファイル修正する 何がダメだったか、どう修正したらよいのかがハッキリしている場合は、サーバー側からファイルの修正をすることもできます。 コントロールパネルの第一画面、メニューの中にFile Managerというのがあるのでそれを選びます。 問題個所まで階層を降りて、ファイルを探せれば、ピンポイントで直接編集ができます。 functions.phpを使いこなしたい! ワードプレスでは、HTML(ページ内容)、CSS(ページ装飾)の他にphp(ページ構成)の編集ができ、すごく面白いです! 特にfunctions.phpに適切に記述ができれば、出来ることが広がって、さぞ楽しいだろうな~と思います。 学習がボチボチしか進まずもどかしいです。
  • ショック!”ワードプレスアプリ”で記事を大量に削除してしまった iphone用の”ワードプレスアプリ”は、便利なのですが、どうやら記事を大量に削除してしまったようです。 しょーっく! 空レコードにしか見えないレコードが表示されることがあるのですが、それが実は空レコードじゃないんですね。 掃除するつもりで削除したら、記事がなくなっていました。 しかもゴミ箱にもいない… しょーっく!! “ワードプレスアプリ”は使いやすい ワードプレスアプリは、下書き用には非常に使いやすいです。br> だからはじめは、「使いやすいよ!」っていう記事を書こうとしていました。 使いやすいポイント1、写真のアップロード 投稿中に、写真をアップロードしたくなったら、画像ボタン(中央部分Bボタンのとなり)をポチッとするだけで、iPhoneの「写真」の「すべての写真」を表示してくれますから、選んでOKするだけです。 私は、後で家パソでタイトル、キャプション、代替テキスト、説明を修正していますが、iPhoneからブラウザー版の管理画面にログインするのに比べて、かなりの時短です。 使いやすいポイント2、複数のサイトの切り替えがスムーズ 私は、記事を公開している「ウラとボツ」の他、カスタマイズのテストを行う「ウラとボツのウラ側」の2つの管理画面にアクセスします。 「ウラとボツ」では、主に「統計情報」の確認をします。アクセスのチェックです。 「ウラとボツのウラ側」には、下書きがたまっているので、隙間時間に仕上げを試みています。 使い方が全く違う2つの管理画面の切り替えがとてもスムーズです。 複数サイトを運営しているブロガーさんにも非常に便利だと思います。 使いやすいポイント3、統計情報がサクサク見える メニューのトップに「統計情報」があり、そこから最近1週間のアクセス、当日アクセスがあったページ表示回数(降順)、リファラ、外部リンクへのクリック数などが表示されます。 アクセスがあったページに触れると、そのページの詳細アクセスと推移が見られます。 この機能は、ブラウザーの管理画面からの操作よりスムーズなので、とても気に入っています。 普通の生活雑記ブログなら携帯で書ける カスタマイズ記事は、画面キャプチャ―にマークをつけたりと「画像編集」作業が入るので、家パソでゆっくり座って書くのがスムーズなのですが、写真や動画を入れる普通のブログなら、iPhoneで書いた方が早いかもしれないと思います。 今回は、空記事に見えた記事を大量に削除してしまい、ショックを受けていますから、便利さを伝えたい気持ちがなくなっちゃっていますが、これは私の凡ミスですから… 号泣
  • 両利き化と老化が同時進行する左利き sakura両利き は、英語でAmbidextrousというそうです。イギリス人の同僚が教えてくれました。最近、マグにお湯を注ぐとき、たまにお湯をこぼしてしまう事があります。

筆者のリライト宿題

  • スランディドノ (ウェールズ)、不思議の国のアリスが生まれた場所。 “スランディドノ”(Llandudno)は、北ウェールズの有名な避暑地です。不思議の国のアリスの物語は、ここで避暑中に生まれたそうです。 街の中にウサギの銅像などをはじめとする、アリスのキャラがチラホラ見受けられます。 白黒じゃないのに、ちょっと白黒っぽくなってしまった写真です。

本日もよい一日をお過ごしくださいませ。