最新記事

  • “語学留学”は、イギリスか?、アメリカか? “語学留学”なら、アメリカじゃない?と答えたら驚かれました。 イギリス駐在員からの答えは、イギリス押しだと期待していたようです。”ギャップイヤー”ならイギリス押しですが、”語学留学”はアメリカがいいんじゃないかな? 語学留学なんだから、語学のしあがりでオススメを決めた方がいいかな?っと思ったまでです。 英、米を問わず、ローカルの訛りに影響を受ける 私はイギリスで英語が話せるようになったのですが、顕著なイギリス訛りはありません。 中国に住めばその期間は中国訛りの英語、 インドに住めばその期間はインド訛りの英語、 イギリスに住めばその期間はイギリス訛りの英語、 っといった風に変化していきます。 なぜそうなるかというと、そうしないとローカルで通じないからです。 インドでは、何度もインド人から「貴方の訛りはキツくて理解できません。」っと、言われました。 あなたがそういう??っと思いつつ、インド風に話すと通じるのです。 私が素で話すと、ネィティブには通じますが、日本語訛りの英語ではないけれど、決してネィティブではないっという微妙な訛り方をしています。 そんな私が憧れるのが、アメリカ訛りの英語です。 アメリカ訛りが日本人にとっての英語 アメリカ駐在員の英語って、本格的な響きでカッコいい感じがします。 弟が、それです。 一時帰国なんかの時に、私が実家で電話会議に参加してもスルーな両親が、 弟が電話で英語を話していると「おぉ〜!」っとなるぐらい、 インパクトが違う模様です。 中国もインドも知らない、米語だけで育った耳。 羨ましすぎる。 だから、「語学留学」なら、日本人にとっての「英語」のイメージ、アメリカ訛りがオススメです。 イギリス英語も悪くはないけど、認知度が低くて、「おぉ〜」って感じになりませんよ。 もともと英語好きな少数派が、「イギリス英語」に反応するぐらいです。 単語や言い回しも、イギリスとアメリカでは結構ちがいますから、アメリカ標準だと後が楽そうな気がします。 今は、米ドルがめちゃ強みたいですから、お財布には優しくないかもしれませんが…
  • ゲーマー、「マニュアル嫌い」の部下に苦戦する Shachiku 16-9ゲーム攻略法やアイテム探しで知りたいことがあれば、私はGoogleで調べます。これが私にとってあまりにも自然な行為なので、マニュアル嫌いの部下に苦戦しております。「マニュアルが見つからない」、「マニュアルが分かりにくい」、「マニュアルに書いてない」などなど、もう泣きそう。
  • “募集要項”に書きたい!「RPG、50本クリア済みゲーマー」求む 妄想”募集要項”です。自分がゲーマースペック過ぎて、似たような後任が欲しい今日この頃。 RPGを50本ほどクリアしている人であれば、適応力も根気も頭脳戦もサラリと乗り越えるハズ!っと、堅く信じちゃっています。 更に最も大事な点は、そう言う人なら、私の仕事を面白いと感じる思うのです。 しかし、畑が違う日系企業の「イギリス支社長候補」の求人がそんな奇妙な内容だったら、不信感しか呼ばず、会社の品位を疑われそうなので書けませんね。 RPGゲーマーの強みは適材適所が身についている 魔法使いに斧を振り回せと命じるゲーマーは少ない気がしますが、現実の職場では強みを活かすより、弱みを補う運用が多い気がします。 昨今、何処の企業も人繰りに苦しんでいる事が、主な原因かと思われますが、RPGプレイヤーは、自然に適材適所を意識しているのではないかと。 戦い(ボスキャラ)によって主戦力とサポートを入れ替えたり、装備を変えたり、ゲームでもキャラ自体は変えられない事が多いですし、レベルだってボチボチしか上がりませんが、それでもなんとか1戦1戦勝ち進めていきます。 そう言う工夫を一切しないで、ウチのスペックじゃ勝てないとボヤく人、少々面倒臭いです。 ボヤく人はまだよくて、何もしないで諦めて戦わない人を鼓舞するのが、キツイのなんのって… ゲーマーだとこの辺をゲーム設計として楽しむことすらできるかもしれません。 人は変えられなくても、装備の変更やちょっとした仕事の再配分は頭をよぎると思います。 部下の教育は普通の事 パーティーのレベル上げと部下の教育が、重なって見える事があります。 特にレベル上げがつまらなくて退屈なゲームでは、部下の教育みたいだ…なんて思えます。 レベルが上がったり、スキルを覚えたりするのが遅くて、同じ敵と繰り返し戦い過ぎて、中ダルミしちゃっているゲームなんかがそうですね。 私は割とあちこちウロウロしている間にパーティーが強くなっていることが多くて、レベル上げ感が少ないゲームが多いのですが、武器のパーツ集めの為に特定のアイテムを落とす敵とひたすら戦うのが苦痛な時があります。 部下の教育も面白くはないけれど、教育した方が戦いが楽になるのはゲームと同じ。 好きな仕事をいつまでも自分でやりたがったり、変な縄張り意識があったり、仕事を教えちゃったら自分の仕事がなくなると思って共有したがらないタイプは、どの国にもいて、この辺りを変えてもらうのは、考え方の転換なので時間がかかります。 「ファイア→ファイラ→ファイガと同じ事が上手になったのはいいけど、勇者でもファイラまでなら覚えられるから、あなたはグラビデ放てるようになって。」って言うのが全然通じない… RPGゲーマーなら、早く1周目クリアしたいから、こういう問題なさそう。(←偏見) 変化するのが当たり前 50本のRPGをクリアした人に最も期待するのは、最初の村に留まり続けない事。 会社で1番最初に薬草を拾った功績が称えられ、勇者に任命されたものの、旅立たないタイプの人が会社にはいます。 最初に薬草を拾った時の武勇伝だけでゲームがクリアできると思っている? と言うか、それがまかり通っている? 後に入った新入社員が入社してから30年、そんな勇者にしたがって薬草しかつまなかったら、全然面白くないよね… 村人志望の人は勇者にしない。 とても大事なことです! RPGゲーマーは、旅に出たがりそうな気がするので、そういう人が欲しいです!
  • 退職後やりたい100のこと、「3年日記」ブログをつくる corporate livestock 16-9ワードプレスってカスタマイズが柔軟だから、アーカイブページの組み方を工夫すれば「連用日記」スタイルのブログとか作れそうじゃない?これは私の今の技術ではムリですし、そもそもできるかどうかわからない。時間もかかりそうなので、リタイアしてからじっくり検証します。
  • “ミニマムライフ”に何があったのか? 私がブログを始めた2015年6月頃は、”ミニマムライフ”とミニマルライフでは、ミニマム圧勝だったので、素直に日本語表記に従ってきたのですが、ひさーしぶりにブログ村の関連カテゴリーを覗きにいったら、ミニマム派が絶滅の危機でした。笑。 2016年の9月が転機? “ミニマムライフ”は、どうも釈然としない言葉遣いだったので、印象に残っていました。 本日ブログ村を覗きに行ったら、猛威を振るっていたミニマムライフがシンプルライフかミニマルライフにことごとく置き換わっていたので、気になって、気になって。 すぐにグーグルトレンドを見に行きました。 これ、2016年の9月に何かあったでしょ? この辺りを境にまさかの逆転を見せた時期がありますから… おぉ~!! テレビで、ミニマルライフと紹介された上に、英語圏にお住まいの方が説明を加えてくださったのですね~。 ありがとうございます。葉隠れさん!スッキリしました!! 詳しくは、原典で→「「ミニマム」と「ミニマル」の違いを正しく理解しよう – 英国ミニマルライフ」 調子に乗ってベスト100も… 「退職後やりたい100のこと」に書きたいけど、↑と同じ理由で使いあぐねている言葉が「ベスト100」です。 Top100 Best FilmsとかTop10 Best RPG Gamesという感覚で、「トップ100」という言葉を使いたいのですが、グーグルトレンドにて「ベスト100」優勢なんですよね~。 カタカナで書く以上、日本語(=和製英語)の方を使った方がよさそうですよね。 これが、ミニマムライフ以上に違和感があって記事を書きそびれ続けています。 反感買っている時あるじゃないですか?、カタカナ語って。 どこまで日本語に敬意を表すか悩ましい。 一個片付いただけでもかなりスッキリ! いや~。今日はいい日だ~。 もやもやが一つなくなった~~。 強めのワードでイヤだけど、悩んだらミニマリストに逃げる方法もあるし…っと、ちっちゃい事だけど、ミニマルライフ系の記事を書く意欲が湧いてきたのでした。 日本語の使い方に自信がない時にグーグルトレンド使うのって、私ぐらいかも??

筆者のリライト宿題

  • スランディドノ (ウェールズ)、不思議の国のアリスが生まれた場所。 “スランディドノ”(Llandudno)は、北ウェールズの有名な避暑地です。不思議の国のアリスの物語は、ここで避暑中に生まれたそうです。 街の中にウサギの銅像などをはじめとする、アリスのキャラがチラホラ見受けられます。 白黒じゃないのに、ちょっと白黒っぽくなってしまった写真です。

本日もよい一日をお過ごしくださいませ。