最新記事

  • モンハンワールドには話しかけてはいけない人がいる Paralyzed Rathianストーリークリア後、水色のビックリマークをつけて拠点の入り口で待っている「大団長」に話しかけてしまうと、その後、長くつらい自らの運との戦いが待っております。そう。歴戦王マムタロトとの飽くなき戦いです。ログインしたら春のアステラ祭の案内が出ておりました。うわ~。マム帰ってきちゃう。
  • 退職後やりたい100のこと、「スマホなし生活」の我慢大会 Shachiku 16-9本帰国したら、どんな固定費がかかるのか調べておりましたところ、日本のスマホ料金がイギリスの2~3倍ぐらいかかるのに、目を疑いました!あまりにも多くの事をスマホで終わらせすぎて、ないと不便な気がしますが、なくても生き延びれるか試してみるのも面白いかも。
  • スピリチュアルから離れて「モノを減らす」スベを自力で探せるか? corporate livestock 16-9早期リタイアの為の貯金の過程で、断捨離やミニマルライフの記事を参考に、出来るだけモノを減らそうとしていた時期がありました。日本で「片付け」が「思想」化していることに気づかず、貯金のついでに迂闊にも大量の文章を読んでしまいました。
  • 早期リタイア失敗対策⑤旅行に行きづらくなる South wales sheep 16-9現在は「ひきこもっていたい」、「家の敷地から出たくない」という気持ちが強すぎて、自分が旅行好きなのかがわかりません。あとから旅行好きデビューしたらお金が足りないカモ? 対策として自分への手紙を書きました。
  • Gutenbergエディタ、「スペーサー」ブロックでミニマリスト風 Wordpress_16-9ミニマリストブロガーさんたちのあの独特なスペーシングをGutenbergエディタの「スペーサー」ブロックで再現してみました。記事の投稿画面で、「ブロック追加→レイアウト要素→スペーサー」(赤枠部分)で追加した後、「設定→ブロック→余白の設定」(青枠部分)で高さを調整できます。

筆者のリライト宿題

  • スランディドノ (ウェールズ)、不思議の国のアリスが生まれた場所。 “スランディドノ”(Llandudno)は、北ウェールズの有名な避暑地です。不思議の国のアリスの物語は、ここで避暑中に生まれたそうです。 街の中にウサギの銅像などをはじめとする、アリスのキャラがチラホラ見受けられます。 白黒じゃないのに、ちょっと白黒っぽくなってしまった写真です。

本日もよい一日をお過ごしくださいませ。