最新記事

  • 引っ越し、お茶を出すか悩む日本人客と”心付け”をねだるインド人業者 インドでは、チップを渡すまで帰らない業者やお茶をねだる業者が多くて、”心付け”を渡さない客の方が不行き届き者扱いを受けます。笑。 引っ越しの際にお茶を出すか悩まれる方は、ペットボトルがいいらしいですよ。 「引っ越し 見積もり お茶」という検索ワードをチラホラ見かけて、日本人の繊細さに感銘を受けております。 “心付け”が定着した文化 日本ほどチップやお茶などの心付けを求めない文化ってあまりなくて、そっちが珍しいのかもしれません。 日本よりもチップが不要なのは中国ですが、お茶や茶菓子は出していたような気がします。 会議や学会の際にも日本ではあまりお茶やおやつが準備していないですよね。 中国、欧州では、お茶があるところが多いです。ウォーターサーバーで自分で組んでね!って感じのところもありますが… インドでは、家で何か作業をする業者さんには必ずチップを渡します。 だから小銭がないと非常に困ります。 その手前で、お水やお茶をねだられていました。 テレビや家具の配達が半日遅れたうえに、水のおねだり… ねぇ、反省している? なぁんて、思っていたものです。 業者さんへのホスピタリティー、大事です!(多分) 最後の最後の転出の引っ越しの際も、2Lのお水のボトルを10本準備したのですが、日系の業者さんで、作業者の方々が凄く遠慮がちだったのに非常に驚きました。 引っ越し見積もりの際に本格中国茶を出してみたい えぇ、そぅ。いたずら心です。 多分お忙しいだろうから、ご迷惑でしょう… 中国の工夫茶だと、えっちらおっちら、時間をかけていれた割に、湯呑はおちょこサイズ。 どんな反応をされるか、興味深々です。 鉄観音がいいかしら、大紅袍っていうのもいいわよね~。 苦丁茶は流石にエキセントリックすぎるかしら? なぁんて、想像しながらいつか来る引っ越しの日を楽しみにしております。
  • ワードプレス、Redirectionの”Redirect Logs”が取れなくなったので… 2017年7月29日を境にワードプレスプラグインRedirectionの”Redirect Logs”の更新が止まっていました。 設定画面でRedirect LogsをTwo Monthsに変更したら取れるようになったので、備忘録です。 404 Logsの方はForeverのままでよさそうです。 「”Redirection”を使い倒して、404エラーの処置」にも書いたのですが、プラグインサポートの「Logs not saved」には、404ログを無効化して、リダイレクトログを2か月に設定するとリダイレクトログを取れるようになったと書いていたのですが、404ログがないとこのページからリダイレクトを設定することが出来なくなって面倒なので、試していませんでした。 404ログの方は、処理したら都度削除しているのでゼロに等しい状態です。保管できるデータの総量が決まっているのかな? 何だかよくわかりませんが、取り敢えず、解決。 後は様子見です。
  • “ソフト404″エラー、存在しないページのステータスコード サーチコンソールのクロールエラーに”ソフト404″が検出されました。 これは私にとってははじめてのパターンです。 存在しないページが404エラー以外のステータスを返した場合に”ソフト404″に該当するらしいのですが、私の例では存在するページに301リダイレクトがかかっている場合に、このアラートが出ました。 “ソフト404″とは Search Consoleヘルプ、「ソフト 404 エラー」より引用 ソフト 404 エラーとは、サイト内に実際には存在しない URL について、なんらかのページがサーバーから返されることをいいます。一般に、間違っている URL や存在しない URL をサーバーが「問題ない」ものとして処理し、ユーザーを有効なページ(トップページや独自の 404 ページなど)にリダイレクトする場合がこれに該当します。 私の例では、「新しい正しいページ」へのカノニカルタグと301リダイレクトを設定している「存在するボツページ」からこのエラーが発生しました。 Fetch as Googleでチェックしたステータスコードは301 Moved Permanentlyでリダイレクトがかかっている他のページと同じです。 存在するページからリダイレクトをかけることが間違っているURLに該当するのかな?っと調べてみましたが、上手く答えが見つかっていません。 仕方がないので、取り敢えず一旦「存在しない状態」にしてしまうのが良かろうと、元のページを削除してみました。 次回出てきた時のためにURLメモ customize-memo/error-404-again/ ustomize-memo/404-error/ これらは「404エラー」について書いた記事なのですが、こういう紛らわしいURLがダメなのかもしれません。「AMP」について書いた記事では、AMPエラーが発生しました発生しました。
  • サーチコンソールから見える”内部リンク”が酷い状態に… 当ブログでは、何をやらかしたのか、最も”内部リンク”が集まっているページがサブディレクトリサイトのホームです。 ドメインのホームは2番目、大カテゴリは5番目です。 600件も内部リンクが集まっている個別記事まであります。 全くサイト内のページ間の相対的な重要度を正しく表しておりません。 なんでこんな事になったのか? サーチコンソールの”内部リンク” GoogleのSearch Console→検索トラフィック→内部リンクにて、サイト内の他のページから被リンクが多い順にリンク数を表示してくれます。 Googleの「内部リンクレポートを開く」のページからも確認できます。 「内部リンクレポート」のページに、 重要なページがこのリストに表示されない、またはあまり重要でないページに多数の内部リンクが作成されている場合、内部リンクの構造を見直すことをおすすめします。とのアドバイスがありますが、当サイトは正にこの、あまり重要でないページに多数の内部リンクが作成されている状態なので、見直してみました。 サイトの相対的な重要度 まず、理想的な状態を下記のように仮定しました。 ホーム 親カテゴリー 子カテゴリー 孫カテゴリー タグ 個別記事 大きい階層から順に並んでいるのが自然な感じがしますし、そんな風に作ってあるように見えます。 実際のサーチコンソールの認識は、全然違いました。 “内部リンク”の現状(2017年9月26日) サーチコンソールの内部リンクでの状態↓ 913、/customize-memo/ (サブディレクトリサイトのホーム) 678、https://noronoron.com/ (単独記事) 640、/child-theme/ (単独記事) 550、/xml-sitemap/ (単独記事) 465、/untold-stories-sitemap/ (大カテゴリー「ウラ」のサイトマップ) 459、/customize-memo/bookworm/ (単独記事) 352、/wp-theme/ (単独記事) 342、/alphanumerical-slug/ (単独記事) 336、/post-width/ (単独記事) 292、/toggle-wpautop/ (単独記事) 何だこりゃ? 2つしかない大カテゴリーが片方、10番内に入っていません。 弱小サイトなので、クロールが頻繁でないのも原因かもしれません。 公開記事が40記事程度しかないサブディレクトリサイトのホームが、公開記事200記事のメインドメインサイトのホームよりも多い内部リンクを獲得しています。 さらに単独の個別記事が、ホームに匹敵するほどの内部リンクを獲得しています。 何故こんなに増殖しちゃったの? 掘り下げて、リンク元リストを確認すると、実際にはリンクがついているように見えないページが殆どです。 サブディレクトリサイトのホームの場合 ネット上では、内部リンクは減らさず、より重要なページにもっとたくさんのリンクを張る様な方向で対策しなさいと書いていたのですが、ドメインのホームを押しのけて、サブディレクトリサイトのホームが1位というのはアウトでしょ?っと思い、まずこのページから掘り下げてみました。 リンク切れページ 当ブログのサブディレクトリサイトは、試作機として活躍しており、カスタマイズテストしたいときに使用します。 ホームの作り方、アーカイブの持ち方、カテゴリーリスト、タグクラウド、などなどテストしている間にインデックスされた(?)、リンク切れページが大量にあります。全913件の内部リンクの内300件ぐらいがこれです。 試しにサーチコンソール→クロール→Fetch as Google→この URL と直接リンクをクロールするを使ってみました。 これで内部リンクが最新版ページの正しい数に戻りやすくなる事を期待しているのですが、現在様子見です。 フィードリンク まだ言葉を知ったばかりで、フィードリンクって何?っという状態です。 各投稿ページにフィードが作成され、それがホームのページの内部リンクになるようです。 投稿URLの後ろに/feed/がついているURLがこれも300件ほどサブディレクトリサイトのホームに紐づいています。 ボチボチ勉強して更新します。 実際に存在するすべてのページ 投稿ページ、固定ページ、カテゴリーページ、タグページなどを軸としたサイトに存在する全てのページにホームボタンをつけていますので、それらからのリンクは正しいデータと言っていいのではないかと思います。 これらが残りの約300件です。 痛い目にあったので、サブディレクトリサイトは縮小予定で、テストの際に使う記事を数件残すだけにしようと考えています。 時間がかかりそうだよ カスタマイズ好きには好都合ですが、普通に読み物を書くことに長けたブロガーさんには面倒くさくてしようがないかも? でも、ご心配なく! ここまでやらかしたのは、カスタマイズ好きだから、色々試しすぎた結果であって、普通に記事を書いている分にはこんなことにはならないと思いますよ~。
  • 非引用(≠blockquote)に、”背景色”をつけるCSS 引用(blockquote)じゃないけど、”背景色”をつけたい! そんなときがありませんか? 私は、classだけを使うCSS追記を作っています。 緑色のプレーンな背景色 緑色のプレーンな背景色のサンプルです。 まず、適当にわかりやすいクラス名をつけます。 今回は緑の背景なのでbackground-greenとします。 緑色背景のCSS .background-green { background:#ccffe5; padding: 1rem; } background:#ccffe5;の部分を原色大辞典さんなどを見ながら好みの色に変えるのもよろしいかと。 padding: 1rem;は、内側の余白で、上下左右にそれぞれ16px(=1rem)ずつ入るようになっていますので、これもお好みで変更くださいませ。 上記を外観→CSS追加にコピペして保存します。 後は、投稿の際にHTMLで先ほど書いたクラスを指定します。span、p、divのどれでも使えます。 span要素を使う場合 span要素を使った、緑色の背景色サンプルです。 投稿ページのHTMLは下記のように書きます。 <span class="background-green"> span要素を使った、緑色の背景色サンプルです。</span> 文字の部分だけ、背景色をつけたい場合には、span要素が便利です。span要素だけしか利用しない場合は、paddingを削除した方がが良さそうですね。 p要素を使う場合 p要素を使った、緑色の背景色サンプルです。 投稿ページのHTMLは下記のように書きます。 <p class="background-green"> p要素を使った、緑色の背景色サンプルです。</p> 段落ごと背景色を変えたいときは、p要素を使います。 div要素を使う場合 (段落1)緑色の背景色サンプルです。 (段落2)緑色の背景色サンプルです。 (段落3)緑色の背景色サンプルです。 投稿ページのHTMLは下記のように書きます。 <div class="background-green"> <p>(段落1)緑色の背景色サンプルです。</p> <p>(段落2)緑色の背景色サンプルです。</p> <p>(段落3)緑色の背景色サンプルです。</p></div> いくつかの段落含んだエリアの背景色をまとめて変えたい場合は、div要素を使います。 背景色+枠線(点線)をつけたい場合 点線付きの青色背景のサンプルです。 今度は、background-blue-dottedという名前にしてみました。 .background-blue-dotted { background:#d6eaff; border: 4px dotted #7fbfff; padding: 1rem; } 投稿ページのHTMLは下記のように書きます。 <p class="background-blue-dotted"> 点線付きの青色背景のサンプルです。</p> え?、かわいくない?? 時間がある時に他のデザインも考えます… 引用(blockquote)のサンプル コードの書き方は関連記事「“Blockquote要素”をおしゃれに装飾」をご覧くださいませ。 Wikipedia「老子道徳経、形式」より引用 『老子道徳経』は5千数百字(伝本によって若干の違いがある)からなる。全体は上下2篇に分かれ、上篇(道経)は「道の道とすべきは常の道に非ず(道可道、非常道)」、下篇(徳経)は「上徳は徳とせず、是を以て徳有り(上徳不徳、是以有徳)」で始まる。『道徳経』の書名は上下篇の最初の文句のうちからもっとも重要な字をとったもの。ただし馬王堆帛書では徳経が道経より前に来ている。 違いはズバリ"マークです。 背景色がついていると、引用みたいで読者が混乱するかな~っと思ったりもするのですが、当ブログでは、引用文には引用開始符をつけています。

筆者のリライト宿題

  • スランディドノ (ウェールズ)、不思議の国のアリスが生まれた場所。 “スランディドノ”(Llandudno)は、北ウェールズの有名な避暑地です。不思議の国のアリスの物語は、ここで避暑中に生まれたそうです。 街の中にウサギの銅像などをはじめとする、アリスのキャラがチラホラ見受けられます。 白黒じゃないのに、ちょっと白黒っぽくなってしまった写真です。

本日もよい一日をお過ごしくださいませ。